第1256回 今年の超強肩捕手・二俣翔一のスローイングはまさに「投手」。目指すは走れる強肩強打の捕手2020年10月18日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

投手でも捕手でもキャッチボールは基本



二俣翔一

 「自分はなるべく遠くなく、低い軌道で投げられる距離で投げることを大事にしています。そして投げる時、ある程度ふんわり投げるのではなく、強く低くということを意識して投げています。リリースしたところ、上にいかずに下に行くように投げています」
実際にキャッチボールを見たところ、それは捕手のキャッチボールではなく、投手のキャッチボールだった。一直線に伸びていく球筋。二俣は投手としても最速144キロを投げ込むのも頷ける。

 38.795メートルの距離に対し、いかに低い軌道で速いボールを投げられるか。なるべく遠投はせず、二俣のキャッチボールは理になかった方法だといえる。また二俣は取材日で、素手でキャッチする練習をしていたが、これも社会人の練習参加から学んだ練習法だ。

 「社会人の練習経験で、キャッチングが苦手だったので質問して、こういう練習方法があると教わってやっています」このキャッチング練習は後輩たちにも受け継がれており、全体練習をやる前のドリル練習で各捕手が取り組んでいた。

ある名打者の映像を参考に長打力も向上 強肩強打の捕手へ成長


 捕手としてのスキルを1つずつ磨いて、さらに高校通算21本塁打を記録した打撃についてもプロ野球選手の映像を見ながら、練習を重ねた。そこで参考にしたのが広島の大打者・前田智徳さんだった。

 「前田智徳さんのグリップを握る時の手首の角度、テークバックを取った時の手首の角度、インパクトした時の手首の角度がバラバラだと力の入れ具合も違うので、意識してからコロナ明けからホームランも増えてきました。」

 コロナ明けの練習試合では木製バットで練習試合に臨み、本塁打を打った試合もあった。夏の大会前にかけて評価を高め、静岡独自大会では12打数5安打4打点の活躍を見せ、しっかりとアピールに成功した。

 夏が終わっても、現役選手に混じって練習を行っている。二俣はさらに進化している手応えを感じている。

 「自分の中で現役でやっていた時も肩が良くなりました。キャッチボールから手が離れて相手に行く時間が短くなった。また打撃も折れてしまうことに恐怖感を感じながらやっていたんですけど、それもなくなったことで、以前よりも飛ぶようになりました」

 その言葉通り、取材日で見せた二塁送球は過去にプロ入りした強肩捕手と比較しても負けていない。打撃についてもレフトへ長打勢の打球を連発していた。

 ドラフトも近づき、二俣はこう意気込んだ。「捕手としては甲斐拓也選手のように投げれて森友哉選手は打てる捕手。自分は打てる捕手のようになりたいので、打てる捕手になりたいと思っています」

 二俣は打てる投げるだけではなく、これまでショートをやっていたようにスピードも優れている。走れる強肩強打の捕手として輝くことができるか注目だ。

取材=河嶋 宗一


この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第285回 2021年ドラフト候補 高校生期待度ランキング30 投手大豊作の世代で1位になったのは…? 【ドラフト特集コラム】
第283回 来年の世代屈指の大型左腕候補・久野悠斗(報徳学園)を要チェック!【ドラフト特集コラム】
第154回 超強肩捕手・二俣翔一(磐田東)など有力捕手の映像を見ながらスローイングを学ぶ!【高校野球コラム】
第283回 スラッガー、守備職人、好捕手ズラリ。2021年ドラフト注目野手リスト33名【ドラフト特集コラム】
第280回 今年も関西地区に好投手が続出!2021年度注目の高校生投手リスト21名【西日本編】【ドラフト特集コラム】
第1271回 指揮官も絶賛する高校通算32本塁打・土井翔太(郡山)が近畿大会で得た経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1100回 東都三部に潜む153キロ右腕・近久輝(東農大)の成長の原点は高校時代のコーチがあったから【後編】 【2020年インタビュー】
第1099回 藤嶋の陰に隠れて、プロ注目の153キロ右腕となった近久輝(東農大)。劣等感を抱えていた東邦時代【前編】 【2020年インタビュー】
第1271回 奈良にいた強肩強打の逸材!通算32本塁打・土井翔太(郡山)の土台は中学時代にあった!【前編】 【2020年インタビュー】
第1270回 木製バットでも長打は健在!高校通算50本塁打のスラッガー・井上朋也(花咲徳栄)が目指すは「3割、30本塁打のスラッガー」 【2020年インタビュー】
二俣 翔一(磐田東) 【選手名鑑】
磐田東 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー