目次

[1]高卒プロを目指すために東播磨に入った
[2]周囲のレベルの高さに圧倒された練習会。それでも上達を目指して練習に取り組む日々


 人々を魅了する野球選手といえば、どんな選手だろうか。誰もがあこがれるようなスラッガー、剛速球投手、守備職人、韋駄天と表現できるような俊足選手など様々だろう。

 今回、紹介する選手は野球好きならば、プレーヤー、指導者ならば、口を揃えてよい選手だなと感じる玄人受けするプレーヤーを紹介する。

 それが東播磨(兵庫)の宮本 一輝だ。

 主将・投打の柱と文字通りチームの大黒柱として活躍し、夏のベスト8入りに貢献。そして甲子園で開催された練習会に参加し、兵庫独自大会で光った抜群のバットコントロールを発揮し、2安打を記録。強肩を披露し、アピールに成功した。さらに機動力野球を標榜する東播磨で叩き込まれた高い走塁技術が魅力の外野手だ。

   そんな宮本の歩みについて迫っていく。

高卒プロを目指すために東播磨に入った


 指揮官も絶賛のマインドを持った選手だ。
 「まさに野球小僧ですね。こんなに純粋にプロ野球選手になりたい思いが強い選手もなかなかいません。高校生になるといろいろ考えてしまってプロ野球選手をあきらめてしまうのですが、彼は夏が終わってもそれを目指すために努力ができる選手です」

 福村順一監督も評するように、練習している宮本を見ると、それもうなづける。打撃練習、走塁している姿を見れば、真剣さが伝わってくる。表情を見ると、野球を楽しくやっている雰囲気がある。だから主体的にプレーができて、練習でもあっと驚くような走塁ができる。

 そんな宮本の歩みを振り返ると、小学校時代はソフトボールをやっており、八幡ドリームスに所属。そして加古川市立山手中学校では、投手、中堅、一塁を兼任し、俊足を生かした1番打者として活躍した。

 そしてなぜ宮本は東播磨に進もうと思ったのか?
 「オープンスクールで東播磨にいくことがあったんですが、野球部を見たらよい雰囲気で練習をしているなと思って。そして、福村監督は甲子園に二度出場していて有名な方でしたので、この人のもとならば、野球が上達できて、高卒プロを目指せると思いました」

 実は福村監督と宮本の父は先輩後輩同士。宮本入学のエピソードについて福村監督はこう語る。
「私学の話もあったんですけど、ここでプロを目指したい思いがあったそうです。また東播磨を志望したとき、まだ学力が足りなかったのですが、猛勉強して合格することができたんです。そういった努力もできる選手でした」

 野球だけではなく、自分の目標のために努力できる選手なのだ。

 1年夏からベンチ入りし、1年秋から6番センターのレギュラーを獲得。そして徐々に台頭し、2年春の県大会が終わると、1番、2番センターを任されるまでとなった。下級生からレギュラー経験もあり、中心的な存在として2年秋には主将を任されるまでとなった。