目次

[1]プロ入り捕手の攻守に刺激を受け、レベルアップ
[2]将来は勝てて信頼される捕手へ

 今年の大学生捕手で、身体能力も高く、強打の捕手として注目される古川 裕大(上武大)。リーグ戦通算12本塁打を放ち、さらに俊足でスローイングタイム1.8秒台と打てて走れて守れる捕手として注目を浴びている。

 そんな古川の軌跡とドラフトにかける想いを聞いた。


プロ入り捕手の攻守に刺激を受け、レベルアップ


 福岡県出身の古川は久留米ボーイズ時代、ジャイアンツカップに出場。しかし当時、中学5冠の枚方ボーイズに敗れ初戦敗退。そして久留米商に進学するが、なかなか勝てず苦しい時期があり、秋から夏まで九州大会や甲子園につながる公式戦は1勝もできずに終わった。

 ただ高校通算21本塁打を放っている強打の捕手として潜在能力は高いものがあり、上武大の進学が決定。

 古川は「プロに絶対にいくつもりでこの大学(上武大)にきました」と意気込み、その後、1年春からリーグ戦に出場。才能を開花させたきっかけとなったのは2018年12月の全日本大学代表の候補合宿だった。1学年上の海野 隆司(東海大ー福岡ソフトバンク)、郡司 裕也(慶応大ー中日)など好捕手のプレーに目を奪われた。特に捕手としては海野のプレーに衝撃を受けた。

 「レギュラー捕手として出ていた海野さんのプレーを見たのですが、本当に捕手スキルが高い方で、やはりワンランク挙げないといけないと思いました。さらに打撃は郡司さんの打撃を見て、もう1つのレベルを目指していかないと思いましたので、刺激になりました」

 スローイングで右足、左足をリズムよく使うことを意識した。「自分は投げたいあまり、上半身が突っ込んでしまうのがあったんですね。だから下半身から動くことを意識しています。最近は左足から先に出して投げる捕手も増えましたけど、自分の場合、右足から動いて、左足という動きの中にリズムを取って体重移動することを意識しています」

 この感覚でいくとスムーズでスローイングができるようになった古川。1.8秒~1.9秒台を計測し、10月4日に開催された新潟医療福祉大戦では最速1,78秒を計測。また、打撃面で意識することは、ボールを長く見ること。そのためにタイミングを早く取ったりして、的確にボールを捉える。そうすることで、タイミングも取りやすくなり、強く振ることを意識した。

 その長打力が開花したのは3年春から。リーグ戦で5本塁打を放ち、3年秋には3本塁打を放ち、リーグ通算11本塁打に到達。2020年当初、ドラフト候補として注目され、勝負に臨んだシーズンだったが、大学野球もコロナの影響で活動自粛。春季リーグが中止となり、秋のリーグ戦に臨んだ。