第1249回 スラッガー・渡部海夢(東海大甲府)の強みは実戦に即した努力ができること。最後の夏に才能が開花!【後編】2020年10月11日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]大きく名を広めた決勝戦の特大弾
[2]厳しいプロの世界を挑戦できるメンタリティが備わっている


 これまで高橋 周平渡邉 諒といったスラッガーを輩出した東海大甲府。その系譜を受け継ごうとする注目スラッガー・渡部 海夢に今回は迫っていく。

前編はこちらから!
飛距離は高橋周平以上!?名将も認めた渡部海夢(東海大甲府)の長打力の秘密とは?【前編】

大きく名を広めた決勝戦の特大弾



渡部海夢(東海大甲府)

 渡部の努力が実を結んだのは、2年秋から。それまで高校通算10本ぐらいだったのが、秋以降で同程度のホームランを重ね、2020年へ向けて飛躍できる準備が整った。しかし、東海大甲府も全国の学校と同じく新型コロナウイルス感染拡大の影響で、長期自粛。

 兵庫に帰省した渡部はひたすらスイングを行った。それだけではなく、渡部は自身のスローイングを見直した。肩が痛いわけではないのに、なぜかボールがいかなくなっていたのだ。この自粛期間はシャドーピッチングをしながら、投手のようなフォームを固めた。すると、スローイングは元通り力強いスローイングが実現。強肩強打の外野手へ成長した。

 その期間、Zoomを使ってミーティングも行った。山梨独自大会が決まった時、「とにかく感謝の気持ちでいっぱいでした。本当に厳しい状況の中で開催をさせていただいたので、まずは優勝を目指そうと思いました」

 山梨独自大会では順調に勝ち進む。そして決勝戦では2016年から4年連続優勝の山梨学院と対決。夏では何度も苦杯をなめていた相手だけに「意識はかなりしていた相手でした」と燃える。4対4で迎えた7回裏。渡部の前に打席が回った。

 そして振り抜いた打球は山日YBS球場の場外へ消える本塁打となった。この本塁打は渡部も驚きの一打だった。「打ったのは真っ直ぐです。本塁打は狙っていませんが、うまく振り抜いたら自分でも想像以上の飛距離になってくれました」

村中監督は渡部の3年間の集大成があの一打に出たと語る。

「彼はもともと振る力については下級生のときからありましたが、だんだん非凡さが出てきたと想います。最後の夏の決勝本塁打というのは彼の集大成が出た。そこで出たのは、将来に向けてもウエイトを占める大きな一打だと思います」

 村中監督の言葉通り、渡部の名を大きく広める一打であった。


【次のページ】 厳しいプロの世界を挑戦できるメンタリティが備わっている

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

寺田 啓吾(土佐塾)
渡部 海夢
  • 東海大甲府
  • ポジション:外野手
  • タイプ:右投左打
  • 身長・体重:178センチ84キロ
【関連記事】
第1247回 飛距離は高橋周平以上!?名将も認めた渡部海夢(東海大甲府)の長打力の秘密とは?【前編】 【2020年インタビュー】
第5回 山陽道でそれぞれの時代を形成してきた岡山東商、広島商、宇部商【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第1057回 高部瑛斗(国士舘大) 国士舘大のイチロー・高部瑛斗が持つ打撃の神髄【後編】 【2019年インタビュー】
第1053回 常に成長を促した競争意識とチャレンジャー精神。そしてイチローの存在 高部瑛斗(国士舘大)【前編】 【2019年インタビュー】
第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト【ドラフト特集コラム】
第927回 「強打の山梨学院」4年連続優勝を阻止する高校はいったいどこか!?【大会展望・総括コラム】
第878回 山梨学院を追う存在は?シード8校を中心に激戦が予想される春の山梨を分析!【大会展望・総括コラム】
第553回 習志野(千葉)苦戦を乗り越え、掴んだ全国への切符【前編】【野球部訪問】
第883回 習志野の元気印・根本翔吾!全力プレーで勝利と幸運を呼び込む! 【2019年インタビュー】
第869回 叩き上げの習志野っ子・飯塚脩人(習志野)!習志野のエースに相応しい実力を身に付ける! 【2019年インタビュー】
渡部 海夢(東海大甲府) 【選手名鑑】
東海大甲府 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー