第1229回 元プロお墨付きの190センチサウスポー 針金侑良(東練馬シニア)の成長と今後の課題とは?2020年08月20日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]東練馬シニアへの入団後から投手に挑戦
[2]徳元監督は「まだまだ課題ばかり」

 今年の関東地区のリトルシニアで、ポテンシャルの高さから注目されているのが、東練馬シニアの針金侑良選手だ。身長190センチ・体重89キロと規格外のサイズから力強い直球を投げ込み、また打者としてもパワフルスイングから長打を連発する。

 北海道日本ハムファイターズの杉谷 拳士選手や万波 中正選手などを輩出した名門シニアで、針金選手はどんな中学野球生活を送ってきたのか。
 ここまでの成長を語っていただいた。

東練馬シニアへの入団後から投手に挑戦



針金侑良(東練馬シニア)

 日大三出身の父の影響で、小学校3年生の時に野球を始めたという針金投手。小学校時代は野手として活躍を見せており、バッティングの楽しさを感じながら練習に通ったと振り返る。
 身長も当時から頭一つ抜けており、長打力が自慢の4番打者としてチームを牽引。6年時にはスワローズジュニアにも選出された。

 「スワローズジュニアではレギュラーではなく、レベルの高さを感じました。それでも本当に良い経験ができたので良かったと思います」

 小学校を卒業した針金選手は、リトルシニアの名門・東練馬シニアへの入団を決める。練習グランドが自宅から近かったことも理由の一つだったが、一番の理由はレベルの高さだった。

 チームは元プロ野球選手の徳元敏さんが監督を務めており、またプロ野球選手の輩出実績もある。将来はプロ野球選手として活躍することを目指していた針金選手は、東練馬シニアの環境の中で成長していきたいと入団を決めた。

 「高校、大学、プロと上のステージでも活躍できるように、中学では力をつけていきたいと考えていました。レベルが高いという話も聞いていたので、強くなるためには東練馬シニアだなと思い入団しました」

 実は針金選手は、中学からは投手にも挑戦していきたいという思いを密かに抱いていた。
 東練馬シニアに入団後から投手の練習も本格的に開始し、ピッチング練習や走り込みのメニューも積極的に行うようになる。1年生時は球速も決して速くなく、制球力も良くなかったと話すが、それでも向上心を持って日々の練習に取り組んでいた。

 「ピッチャーをやってみたいという思いは、ずっと持っていました。コントロールする難しさもあったのですが、まずは速いストレート投げることを目指していたので、練習でも速い球を投げることを意識していました」

【次のページ】 徳元監督は「まだまだ課題ばかり」

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第17回 スケールの大きな大砲から経験豊富な実践派まで 2020年に注目の中学球児はコイツだ!【中学野球逸材コラム】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー