第1227回 創価の146キロ右腕・森畑侑大は「6番手投手」からいかにして都内屈指の本格派に成長したか2020年07月30日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]中学時代は6番手で打たせて取る投手
[2]活動自粛期間では10キロの増量に成功

 昨年の秋季東京都大会で大ブレイクを果たした選手の一人が、創価のエース・森畑 侑大ではないだろうか。184センチの身長からスピンの効いた直球を投げ込む本格派右腕で、チームのベスト4進出の原動力となった。

 この夏の夏季東西東京都高等学校野球大会でも注目が集まるが、森畑はどんな思いで夏を迎えるのか。これまでの歩みとともに伺っていった。

中学時代は6番手で打たせて取る投手



森畑侑大

 投手と言えば、闘志を前面に出してチームを鼓舞する姿をどうしてもイメージしがちだが、森畑はそのイメージとは真逆のタイプの投手だ。物静かで声も決して大きくなく、またマウンドでも淡々とボールを投げ込み、あまり感情を表に出すことはない。

 だがその姿こそが、森畑がイメージする理想の投手像であり、本格的に投手を始めた小学校5年生の頃から、自らの冷静な性格は「投手向き」だと感じていたと振り返る。

 「自分の中では、ピッチャーはどんな時も冷静なイメージがありました。性格はそんなに激しいタイプではないので、どちらかと言うとピッチャーが合ってるなと思いました。
 緊張もあまりするタイプではないですね」

 実は森畑は、中学時代までは実績の少ない投手であった。
 リトルシニアの名門・調布シニア出身の森畑だが、周囲のレベルが高かったこともあり、中学3年時のチーム内での位置づけは6番手投手であった。

 現在は146キロを記録する直球も当時は125キロ程で、本格派というよりも打たせて取るタイプだったと語る。

 「身長も180センチくらいあって、周りと比較しても大きかったと思いますが、スピードにも自信が無くて、その分コントロールで勝負する投手でした。ベンチ入りはしていましたが、大会でもあまり投げませんでした」

 どちらかと言えば、中学時代は目立たない存在だった森畑。しかし創価の片桐哲郎監督は、中学時代の森畑に大きな可能性を感じていた。

 スピードは無くても手足が長く、バランスが良くて動きに癖もない。また体にバネもあり、キャッチボールでもスピンの効いたボールを投げている。
 その姿に片桐監督は、アマチュアナンバーワン右腕としてプロ入りを果たしたかつての教え子を思い出したと振り返る。

 「あぁ、もしかしたら田中 正義二世になるかなと。そういった淡い期待が彼を見た瞬間はありましたね。
 こういった身体の使い方や能力があれば、体に力がついてきた時にグッと伸びていく可能性があるなというのが僕の第一印象でした」

 推薦入試で無事に合格し、創価への入学が決まった森畑。
 その後、片桐監督がイメージした通りの成長曲線を描くのであった。

【次のページ】 活動自粛期間では10キロの増量に成功

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
日大豊山vs創価【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
明大中野八王子vs日大豊山【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
大森学園vs上野学園【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
創価vs共栄学園【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
共栄学園vs専修大附【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
第1016回 都立城東vs都立日野など初戦から好カード揃い!秋季東京都大会一次予選の注目ポイント!【大会展望・総括コラム】
第1016回 【西東京準々決勝展望】日大三vs佼成学園、国士舘vs早稲田実業など注目カードのポイント、戦力紹介!【大会展望・総括コラム】
第1029回 「感謝」を掲げて大会に臨む創価。持ち味の守備力を取り戻して東京の頂点狙う【野球部訪問】
第1013回 【西東京大会展望】早実vs八王子など1回戦から好カード続出!激戦区・西東京を制するのはどこだ?【大会展望・総括コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第948回 名将・前田監督からの評価も高い逸材二塁手・小松涼馬 どの舞台でも結果を残す勝負強さが最大のウリ【前編】 【2019年インタビュー】
第722回 2018年の都立の星・吉岡桃汰(東大和南)「ドクターKの始まり」【前編】 【2018年インタビュー】
第679回 菊地郁也(創価)「監督からも、チームメイトからも信頼されるような投手に」 【2018年インタビュー】
第487回 田中 正義投手(創価高-創価大)「日本一の投手、そして世界一の投手へ」【後編】 【2017年インタビュー】
第486回 田中 正義投手(創価高-創価大)「高校時代の後悔がストイックな自分にさせた」【前編】 【2017年インタビュー】
創価 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー