目次

[1]智辯和歌山入学時に感じた自分が生きる道
[2]高卒プロという目標はぶれてはならない

 今年の近畿地区を代表する野手として注目を集めるのが智辯和歌山細川 凌平だ。高校1年春ながら選抜準優勝した強力チームで、レギュラーに抜擢され、甲子園を経験。以降、四期連続で甲子園を経験。

 魅力は高校生トップレベルのスピードを生かした守備、走塁、さらにどんなコースでもさばいて、ヒットにできるバットコントロールの高さ。走攻守三拍子揃った外野手として高く評価されている。

 この夏、独自大会優勝と交流試合の活躍を誓う細川の魅力について迫っていく。

智辯和歌山入学時に感じた自分が生きる道


 スピードが違うと実感させられたのは、智辯和歌山の取材時だ。遊撃手の守備についた細川は抜群のスピードでボールをさばいていく。元プロの中谷仁監督も「普通ならば追いつけないような打球も追いついてしまうほどのスピードがある」と評するように、細川のスピードは群を抜くものがある。

 そんな細川の歩みを追いながら、彼の言葉を聞くと、求道者としての印象が強い。

 保育園の時から、野球に触れていたという細川。小学校2年生の時に嵐山ガッツに入部し、主に内外野と「センターラインを中心に守っていました」と振り返る。そして京都東山ボーイズでは主にショートとして、打者では1番~3番打者として活躍。さらにボーイズの日本代表にも選ばれ、世界大会では優勝を経験した。この世界大会で学んだのはアメリカ代表の立ち居振る舞いだという。

 「アメリカの選手は失敗恐れずにガンガン振っていくプレースタイルも印象的でしたが、何より勝っても負けても、相手をたたえる気持ちを持っていたのが、印象的でした。僕からすれば、尊敬する心を持っているなと思いましたし、こういう選手になりたいともいましたね」

 日本代表にも選ばれるとなると、多くの学校から誘いを受けるが、その中で智辯和歌山入学を決める。決め手は中谷監督との対話だった。
 「自分なりに中学3年生の時から将来のビジョンを描いていたのですが、そのビジョンと、中谷さんが話すビジョンが合致していたところがありました。ここ(智辯和歌山)なら自分のビジョンに近づけるかなと思っていました。自分としては中谷さんの存在は大きかったです」

 そして入学すると、センターにコンバートされ、いきなり試合出場。
 「高校生の打球の伸びは中学生と比べてこんなにも違うのかと思いましたし、最初は多くのミスもありましたので、そこは練習をしていきながら、高校のレベルについていくために練習をしていきました」

 入学したとき、2学年上には林 晃汰(広島東洋)、1学年上には黒川 史陽(東北楽天)、東妻 純平(横浜DeNA)とプロ入りした野手が3人もいたが、彼らや智辯和歌山でクリーンナップを打ってきた選手と比較して自分は先輩たちと比べ、長打を打てる選手ではないので、スピードを生かさなければならないと実感した。