目次

[1]夢だった甲子園に出るために桐生第一を選び、レベルアップを重ねた
[2]打倒・前橋育英。打倒・健大高崎を胸に

 昨秋の群馬県大会を制し、関東大会でも勢いそのままにベスト4まで勝ち上がり、選抜の出場権を獲得した桐生第一でドラフト候補として注目を浴びているのが、最速144キロ右腕・蓼原 慎仁(たではらしんじ)だ。

 ロシア人の母を持つハーフであり、身長183センチ体重80キロと恵まれた体格から投げ込む威力抜群のストレート、将来性の高さにNPBのスカウトから注目を集めている。
 強豪・桐生第一で頭角を現すまでにはどのような道のりがあったのか。

夢だった甲子園に出るために桐生第一を選び、レベルアップを重ねた


 小学1年生から野球を始めた蓼原は中学時代、練馬シニアに入団。チームは蓼原が中学2年生の時にジャイアンツカップに出場する実力あるチームで3年間練習を重ねた後、桐生第一へ進んだ。

 その進学の理由を蓼原はこのように振り返る。
 「桐生第一から声をかけていただいてから、自分の方でも学校のことを調べました。そうしたら強豪であることがわかったので、『甲子園に出るチャンスがある』と思ったので、進学することを決めました」

 蓼原は入学当初、「正直、3年生は怖かった」と最上級生の雰囲気に圧倒されながらも、甲子園に出場するべく、練習を重ねた。その中でも蓼原は1学年上でエースをしていた杉山 直杜(帝京大)の存在が大きかった。

 「1つの上の先輩方にはいろんなことを優しく教えていただけましたが、特に杉山さんは同じ速球派投手でしたので、どういったトレーニングをしたら効果的か。背筋とか、下半身だけではなく上半身もしっかりやらないといけないなど、そういったことを学びました」

 蓼原の入学当初の球速は135キロ。蓼原自身も「速球には自信があった」というように、1年生の春の段階では速い方だろう。しかしコントロールが安定せず、なかなかストライクを取れずに苦労した。今泉壮介監督も、「試合の大事な場面ではどうなのか」と入学当初の蓼原には不安に感じる部分があった。

 自慢の速球を使えるようにすべく、蓼原は制球力向上のために考え方を変えた。

 「今まではストライクを入れようとミットばかりを見て投げてきました。けど宮下(宝)が『この辺に良いボールを投げるくらいの意識で投げると、ちゃんと投げられるようになる』と言っていたので、自分もそういう意識で投げるようにしました。そうしたらいいボールが構えた場所に行くようになりました」

 投球フォームではなく意識を変えたことが、蓼原のコントロールアップに繋がったが、体の変化も大きく関係している。

 中学3年生の時は173センチあったが、体重は70キロあるかどうか。しかし桐生第一での練習や食生活の変化で183センチ80キロと一回りたくましい体になった。これによって球速はもちろん上がったが、コントロールも向上としたと蓼原は分析する。