目次

[1]ダルビッシュ投手を参考にスライダーが大きな武器に
[2]この夏は応用ではなく基礎練習が大事になる

 8月に開催される『2020年甲子園高校野球交流試合』に招待されている帯広農。チームは現在、7月中旬からの各支部予選、そして8月の南北北海道大会に向けて調整を続けている。そこで大黒柱としてチームを支えているのが主将の井村 塁だ。

 チームの指揮を執る前田康晴監督は井村主将について「主将としての彼は信頼をしております。ここまで選手たちをまとめてくれています」と太鼓判を押している。そんな井村主将に電話取材で話を聞かせてもらい、夏への想いを語ってもらった。

ダルビッシュ投手を参考にスライダーが大きな武器に



井村塁(帯広農)

 井村の野球の始まりは中学生から。幕別町立札内中に進学していた井村は、「野球は好きでしたが、小学校の時は部活動がなかったんです。ですが、兄は中学から始めていたこともあったので、中学から始めました」と、野球人生の始まりを語る。

 最初はセンターやライトを中心に守り、野手としてプレーしていた井村。だが中学3年生からピッチャーも兼任するようになった。井村は当時について、「ずっと外野をやっていたので、クイックや牽制がわからず大変だった」と外野とは違うピッチャーの動きに苦労した。

 その後、高校では農業高校への進学を希望したが、なかでも少しでも高いレベルでプレーすることを考えていた井村。その時、帯広農が秋の全道大会に出場。2回戦で敗退をしたが、全道大会出場を理由に、進学を決心。帯広農での高校野球3年間が始まった。

 入部当初は再び外野手としてスタメンを目指した井村だったが、1年生秋に投手へ戻った。「クイックや牽制だけではなく、コントロールも定まらず苦労しました」とピッチャーとして活躍するまでには多くの課題があった。

 しかし、その課題を真摯に受け止めたうえで、様々な投手の映像を見て、自身のフォームに取り入れた。特に自身の持ち球の1つであるスライダーは、地元・北海道の日本ハムからメジャーへはばたいたダルビッシュ 有の握りをベースに、井村なりにアレンジ。今となっては井村の武器となった。

 そしてストレートに関しても、2年生から本格的に投げ始めていくうちにポイントを掴み、現在は130キロ台中盤までスピードが出るようになった。

 さらに新チームからは主将の役割も任され、井村はチームの中心選手となった。そして秋は全道大会4試合中3試合で先発登板。2回戦の札幌山の手戦では3失点完投勝利など、チームのベスト4進出に大きく貢献。そして1月24日に選抜に21世紀枠で選出され、1982年の夏の甲子園以来の出場を決めた。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。