目次

[1]先輩・石川翔の背中を追いかけて青藍泰斗へ
[2]あえて突っ張ることでピッチャーとして一皮向けた

 4番の石川 慧亮をはじめタレントが揃う昨秋の栃木県王者・青藍泰斗。関東大会では西武台に敗れたが、今夏の独自大会では注目される実力校だ。その青藍泰斗で2年生からエースを背負い、チームを牽引してきたのが佐々木 康投手だ。

 最速142キロを計測する直球を武器にスライダーやカットボール。さらにカーブやチェンジアップと多彩な変化球を使って打者を翻弄。タレント集団の青藍泰斗でエースとして活躍する佐々木だが、背番号1を付けるまでにはどのような道のりがあったのか。そのプロセスに迫る。

先輩・石川翔の背中を追いかけて青藍泰斗へ


 佐々木が野球を始めたのは小学1年生から。選手として国士舘大学でプレーしていた父の影響で野球の世界に飛び込んだ。佐々木は東京都大田区に拠点を置く安方フェニックスに入団し、外野手として活躍。そして中学では、硬式の大田水門ボーイズへ入団することを決意した。

 1つ上の先輩には木更津総合で甲子園を経験した太田 翔梧(現日本大)。さらに太田と同じく関東一時代に甲子園を経験した村岡 拓海(現国士舘大)が先輩にいる厳しい環境。「周りよりも身体はかなり大きかった」と佐々木は振り返るが、入団してしばらくは外野手としてプレーしていた。

 そして中学2年生からピッチャーへ挑戦する。当時のことについて「最速は135キロくらい出て、周りの人よりも少し速いかなという感じでした」と語る。そんな佐々木は中学時代は東京都ベスト4が最高成績で、全国の舞台は経験できなかった。
「今は同じチームの石川慧亮のいた志村ボーイズに予選であたって負けました。石川は中学時代から凄かったですが、悔しさの方が大きかったです」

 その後、佐々木は青藍泰斗へ進学することとなるが、きっかけは石川 慧亮の兄で、現在プロで奮闘する兄・翔の存在が関係していた。
 「ちょうど石川投手がプロ入りされて憧れがありました。『高校で目立つことが出来ればプロに行ける』というイメージがありましたので、石川投手がプロに行かれたことで、『自分も頑張ればチャンスがあるのかな』と思いました」

 また太田水門ボーイズのコーチから「(青藍泰斗は)野球をやる環境が整っていていいよ」と話を聞いていた佐々木。それを聞き、「3年間しっかり野球に向き合える」と感じた石川は青藍泰斗へ進んだ。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。