第1207回 通算19本塁打に最速141キロを計測する強肩。大型遊撃手・石橋昂樹(宗像)の身体能力はいかにして生まれたのか?2020年07月16日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

 九州北部の進学校として注目される宗像。昨秋は県大会4強まで勝ち上がり、今年の福岡では実力校として注目を集めている。

 その中心選手が大型遊撃手の石橋 昂樹だろう。184センチ76キロの恵まれた体格から高校通算19本塁打の長打力、最速141キロを計測する強肩、50メートル6秒2を計測する脚力の高さを併せ持っている。そんな石橋の歩みを振り返っていく。

野球を楽しむことと勝つことを両立したい



石橋昂樹(宗像)

 小学校2年生から野球を始め、当時から投手・遊撃手と兼任しながら活躍していた石橋。そして中高一貫校の宗像中に進み、宗像ボーイズで腕を磨く。中学校から身長が伸び始め、中学1年のときは156センチぐらいだったが、中学3年には178センチまで伸び、プレーにも力強さが出ていた。

 そして高校ではそのまま宗像高に進学。ボーイズに所属していたが、入学式翌日の春季福岡中央地区大会でベンチ入りし、9番ショートでスタメン出場するなど、入学から将来の中心選手として期待されていた。

 1年秋からクリーンナップを任されるようになり、さらにパワーアップするためには冬場で「ウエイトトレーニングで全身を鍛え上げて体重を増やしました」と語るように2年春には打球が飛ぶようになり、本塁打を量産するようになる。

 2年夏には肩の強さを買われ、投手も兼任するようになる。最速141キロを計測するほどの強肩ぶりで、リリーフとしても登板。また打撃については「インパクトの時、ボールに対して、遠くへ飛ばすバットの入れ方が感覚的にわかった感じがします」と、新チーム後から9本塁打を量産し、通算本塁打は昨年までに19本塁打に到達した。

 さらなるパワーアップを遂げようと、ウエイトトレーニングにも取り組み、打撃、守備の精度を高めてきた。そういう中で、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、春季大会、選手権福岡大会も中止が決まった。

 また福岡は5月末、独自大会を開催しない方向性を発表していた。
 「今年のチームは秋にもベスト4入りし、非常に自信があった中で今年に入っていました。中止については残念な気持ちでしたね」

 進学校である宗像は放課後に課外学習がある。5月下旬から開催発表した6月上旬迄野球部の3年生はこの課外学習に参加し、進学へ向けての準備を行っていた。そして福岡は4地区での大会開催が決まった後、再び練習に参加。福岡中央地区大会優勝を目指し、練習に取り組んでいる。

 これまでの冬の成果を試すべく、夏の機会が訪れた。
 「今までの成果をしっかり示していきたいですし、やはり野球を楽しむことと勝つことを両立したい。個人としてチームの勝利に貢献するプレーができればと思います」

 昨秋から一気に評価を高めた大型遊撃手は中央地区大会で大暴れとなるのか、注目だ。

(取材・文=河嶋 宗一


関連記事
夏の代替大会で期待!全国のドラフト・注目野手リスト一覧
【組み合わせ】がんばれ福岡2020 福岡地区高等学校野球大会
【組み合わせ】がんばれ福岡2020 福岡中央地区高等学校野球大会

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1019回 大阪桐蔭、近江、智辯学園らが強豪集う秋季近畿大会。見どころ、注目選手たちを紹介!【大会展望・総括コラム】
第2回 野球と勉強の共通点ってホントにあるの?文武両道を実現したいなら知っておきたい考え方【球児の親のためのコラム】
第1回 球児の親必見!文武両道を実現するための家庭でのコミュニケーション術【球児の親のためのコラム】
第134回 スポーツライター・手束仁氏による高校野球物知り教室【歴史編】【高校野球コラム】
第121回 マスターズ甲子園のような形で3年生たちを救済を…。柳井高校野球部の舛永監督の思い【高校野球コラム】
第694回 金光 雄紀(東福岡)「一流」から学び「一流投手」への道進む 【2018年インタビュー】
石橋 昂樹(宗像) 【選手名鑑】
宗像 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー