目次

[1]アメリカで学んだトレーニングの重要性
[2]質の良いボールを求め、先発で3勝を掴む


 オリックス・山本 由伸都城出身)、西武・今井 達也作新学院出身)など楽しみな投手が揃う1998年世代。その中で独立リーグを経由してプロ入りしたのが伊藤 翔横芝敬愛出身)だ。

 高校時代は横芝敬愛で3年間プレーするも、最高成績は2年生の夏の千葉大会の4回戦。甲子園に進めぬまま高校野球を終えたが、卒業後に進んだ四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスで才能を開花。

 先発ローテーションの一角として1年間活躍し、独立日本一を経験。2017年のドラフトで埼玉西武ライオンズに3位指名を受けて、晴れてプロ入りすると、1年目から1軍デビューを果たし、中継ぎとしてチームの優勝に貢献した。

 しかし2年目はプロの壁にぶつかり、勝負の3年目となる。前編ではプロでの2年間を語っていただいたが、後編ではトレーニング、技術的な面に関して迫っていった。

前回の記事はこちらから!
独立からプロへ進んだ期待の星!優勝の歓喜、そして壁を痛感した3年目右腕・伊藤翔(埼玉西武ライオンズ)【前編】

アメリカで学んだトレーニングの重要性


 アメリカ合宿を通じてトレーニングへの考え方が大きく変わった伊藤。これまでも、肩回りを中心に上半身のトレーニングはやっていた。しかし、アメリカ合宿をきっかけにトレーニングの回数や強度を高めた。

 「変に筋肉を付けてしまって腕が振れなくなってしまうことが嫌でした。しかしアメリカ合宿で重要性に気づくことが出来ましたし、実際にアメリカでは腕が太いから腕が振れない。球速が出ない選手はいませんので、そういったところにも気づけて考え方が変わりました」

 さらに、リリースの時にボールに力を伝えられるようになって、いい方向に進んでいることを伊藤は実感している。元々、身体のバネを使って強いボールを投げ込んできた伊藤にとって、身体のパワーがついたことで、よりボールに力がついてきたのだ。

 「もっと早くからやっておけばよかった」と伊藤は話すが、リリース時の変化についてこのように語る。

 「ボールを離すときにズシっと感じるんです。上手く伝わるときとそうでない時もありますが、上手くできた時は力や体重が乗ったような今までにない感覚で投げられているのを実感しています」

 身体が大きくなったが、投球フォームやリリースは変えていない伊藤。ここまでは「むしろ良い」と今のボディがフィットしているとのこと。「とても濃い3週間で、行って良かった」と充実していた様子が表情からもわかる。

 2020年は進化した伊藤のボールを見られることが楽しみだが、伊藤の中ではどのようにリリースをしているのか。そのイメージを語ってもらった。

 「絶対に無理なんですが、自分の中ではリリースの時に指先にボールを乗せたいんです。そこでボールを切るイメージでストレートを投げています。ボールを押したり、撫でる感じで投げてしまうと弱いボールになってしまうんです。
 しかし指先でバチンと切れるように投げられると、しっかりボールにスピンを利かせて質の良いボールを投げることが出来ています」

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。