目次

[1]成長の糧になったスワローズジュニア落選
[2]140キロ台到達の要因は「骨盤」の使い方

 2年前に、当時高知中だった森木 大智高知高)が軟式ながら中学生史上最速の150キロを記録して大きな話題を呼んだが、今度は栃木県に軟式の剛腕投手が現れた。それが小山城南中の盛永 智也投手だ。

 昨秋は栃木県中学校軟式野球大会を勝ち抜いて、春の全国大会への出場権を獲得。新型コロナウイルスの影響で大会は開催されなかったが、180センチ74キロと中学生としては恵まれた体格から投げ込む速球は144キロを記録するなど、スケールの大きな本格派右腕として注目を集めている。
 そんな盛永投手に、これまでの成長と将来の目標を伺った。

成長の糧になったスワローズジュニア落選


 小学校1年生時に、兄の影響から小山城南クラブで野球を始めた盛永投手。投手は3年生から本格的に始めたが、始まりはあまりにも突然のことだったと振り返る。

 「小山市内の小学校3年生以下の大会があり、そこでマウンドに上がったことがきっかけで本格的に投手を始めました。それまでは投手の練習もしたことがなく、ピンチの場面での登板でしたが、そこで抑えたことで本格的に投手をすることになりました」

 ピンチの場面を抑えたことで投手としてのやりがいを見出た盛永投手は、そこから順調にステップアップを重ねていく。「もっといいピッチャーになりたい」という思いで毎日の練習にも意欲的に取り組んでいき、球速も制球力も右肩上がりに成長。

 小学校6年生時には、マクドナルド・トーナメントの栃木県予選でベスト8に進出するなど県内でも実績を残した。



ガッツポーズを見せる盛永智也選手(小山城南中)

 「県大会に出場すると、左腕につける赤いワッペンをもらえるのですが、先輩達がいっぱいつけていたので自分も欲しいなと思っていました。全国大会になるとさらに大きなワッペンがもらえるので、それを目標に頑張っていました」

 だが投手として実績を残す一方で、悔しさも経験した。
 少年野球のトップ選手が集うNPBジュニアトーナメントの出場を目指して、東京ヤクルトスワローズジュニアの選考会を受けた盛永投手だったが、最終選考で惜しくも落選。

 選考会では110キロを計測したがそれ以上にレベルの高い投手が多く、さらなる成長の必要性を感じたと振り返る。

 「周りは本当にレベルの高い投手ばかりでした。コントロールも直球も、全てにおいて力不足だと痛感しましたし、もっと努力しなければいけないなと感じました」

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。