目次

[1]一躍、評価を高めた高校日本代表との一戦
[2]山口俊から学んだ脱力の重要性を実践し、今年は二桁勝利を

 ドラフト6位ながら連覇を狙う巨人の先発ローテーションとして期待をかけられる投手がいる。その名は戸郷 翔征聖心ウルスラ出身)。

 聖心ウルスラ高校時代、当時2年生だった2017年夏、エースとして甲子園に出場。初戦の早稲田佐賀と試合で先発をすると、11奪三振2失点で完投勝利。続く2回戦の聖光学院に敗れたが、力のあるストレートと切れ味鋭いスライダーで全国デビューを果たした。

 3年生の夏は宮崎大会ベスト8で姿を消し2年連続での甲子園とはならなかったが、ドラフトでジャイアンツから6位指名を受けると、9月に1軍デビュー。チームの5年ぶりのリーグ優勝が懸かる大事なマウンドで5回途中2失点と好投。クライマックスシリーズでも登板するなど、飛躍のキッカケを掴む1年目となった。

 6月9日の横浜DeNAベイスターズ戦で6回投げて2失点と好投。今後の巨人の将来を担うであろう右腕はどのようにして、現在の地位を確立したのか。

一躍、評価を高めた高校日本代表との一戦


 2年夏に甲子園を経験。最終学年では140キロ後半まで速くなり、九州地区を代表する速球派右腕へ成長した戸郷。その戸郷がクローズアップされたのは宮崎県選抜として出場した高校日本代表との一戦だ。

 戸郷はこの試合へ向けて、「どうやって抑えるか考えて練習をした」と休まずに練習を続け闘志を燃やしていた。そして試合では2番手としてマウンドに上がると、自己最速の149キロを計測するなど同世代相手に力で勝負。

 さらに130キロ後半のスプリット、130キロ前半のスライダー。そして藤原 恭大から三振を奪った130キロ前半のカットボールを駆使して9奪三振を記録した。当時の選手たちも「カットボールが素晴らしい。大学代表の投手と変わらないものがあった」と絶賛の声を寄せた。

 しかしジャイアンツといえば、球界のエース・菅野 智之をはじめとした超一流の選手が集まるスター軍団。戸郷も、「周りには一流の選手たちばかりで、壁はかなりありました」とレベルの高さを肌で感じていた。

 それと同時に「1軍で活躍されるような有名な方々ばかりでしたので、その中でプレーできるのは嬉しかったですね」と厳しい環境で戦えることに胸を躍らせていた。

 そうした中で、戸郷の1年目は2軍からスタート。シーズンの途中から先発ローテーションの一角を担い、先発として8試合に登板するなど11試合で4勝1敗。防御率3.00、42回を投げて44奪三振の数字を残し、9月に1軍デビューを果たす。

 巨人の高卒1年目投手が先発として1軍のマウンドに上がるのは17年ぶりの出来事だったが、戸郷の中で考えていたことは意外なことだった。
 「1番はチームの優勝を目標に投げていました。ただ、いかに自分をアピールして2年目に繋げるか。そのことも考えながら、全力で投げていました」

 戸郷の初マウンドは自己最速となる154キロを計測するなど5回途中2失点。勝ち星こそつかなかったが、チームは5年ぶりの優勝。1軍初登板の日に歓喜の輪に加わった。

 その後、9月27日の横浜DeNA戦で5回から登板すると、4回を無失点で1軍初勝利。阿部慎之助2軍監督の引退試合で記念の1勝を掴み、クライマックスシリーズでも6年ぶりとなる高卒1年目の投手の登板を果たしたのだった。