目次

[1]プロ入り後に挑戦した外野手でも順応が出来たワケ
[2]外崎流・右方向へのバッティングの極意


 パ・リーグ3連覇の期待がかかる埼玉西武ライオンズ。2年連続ホームラン王に輝いた山川穂高をはじめとした強力打線で、パ・リーグトップのチーム打率.265、718打点をマークした。

 その打線の一角を担い、ユーティリティープレーヤーとして侍ジャパンにも選出されているのが外崎修汰(弘前実出身)だ。富士大学から西武に入団し、2019年シーズンは全試合に出場。自身最多となる26本塁打はパ・リーグの本塁打ランキングでは10位に入る成績と、プロ6年目の今シーズンはさらなる活躍が期待される。

 NPBで1シーズン25本塁打以上は、まさにスラッガーと形容するに相応しい数字である。外崎自身、アマチュア時代、プロ入り後を振り返った時、そういう選手になる予感は全くなかったという。
 ではいかにして、球界屈指の「ユーティリティ型スラッガー」へ成長を遂げたのか。

プロ入り後に挑戦した外野手でも順応が出来たワケ


――弘前実業は過去に5回甲子園に出場経験のある古豪ですが、弘前実業での3年間を振り返っていただけますでしょうか

外崎修汰選手(以下、外崎選手):やはりこの3年間は甲子園を目指していましたが、弘前実は県立校で、地元の学校が甲子園に行ければ街は盛り上がるので、地元のためにも甲子園に行きたいと思いながら練習をしていました。

――1年生の春から公式戦に出場され、3年生の時は主将としてチームを牽引。甲子園には届きませんでしたが、県大会でもベスト8まで勝ち進まれました。実際に外崎選手がプロを強く意識し始めたのはいつ頃になりますか

外崎選手:高校生の時はまだプロのことを考えていませんでした。ですが、富士大時代の1つ上の先輩に山川(穂高)さんがいましたので、プロのスカウトの方が沢山見に来られていました。それを見て「こういった人がプロになるんだ」と初めて感じましたし、そこから「頑張ってプロ野球選手になりたい」と意識をするようになりました。

――富士大学では、1年生の春からリーグ戦に出場されて、大学選手権、神宮大会に2度ずつ出場。ベストナインなど数々の賞を受賞され、2014年のドラフトで3位指名を受けました。プロに入られてから壁はありましたか

外崎選手:実はアマチュア時代、感覚に頼ってプレーをすることが多かったんです。ですので、プロの世界に入ると、感覚を大切にしてきた分、プレーのレベルや質の違いにより感じました。

――アマチュア時代は内野手がメインでしたが、プロになられてから外野手に初めて挑戦しました。最初は苦労されましたか

外崎選手:ゴロに関しては内野をやってきたので通用する部分もありましたが、プロになるまでは外野の経験もなかったので、基本的な部分で苦戦することがありました。フライに関しては右打者、左打者によっても打球が変わりますので、スタートをどっちに切ればいいのか。かなり練習をして覚えました。

――やはり最初は苦戦されたんですね

外崎選手:思っていた以上にできたと感じていますが、経験が不足している分、あと一歩のところで追いつけないことが多かったです。「これくらいなら追いつける」という自分なりの基準がなかったので、その時に「別の選手なら捕れたんじゃないのか」と責めることもありました。
 ただコーチからアドバイスをもらいながら自分なりの基準を見つけられたので、追いつけなかった原因を冷静に振り返ることができるようになりました。