指揮官を驚かせた清水の将来のビジョン



清水惇(安中総合)

 活動もできない中で甲子園中止が決まったが、「自分はこれからも野球を続けるので、そのことを見据えて練習に取り組んできました」と前向きに取り組んできたが、それでも夏の大会は特別なものだと語る。
「僕は野球を続ける側の人間ですけど、高校で野球を終える人がほとんどです。そういう方にとって野球人生の締めくくりになる場だと思いますし、特別な大会になる。それは僕も大事な大会になると思っています」

 そしてこういう時期だからこそ気づいたことがある。当たり前にあった練習や試合ができたことは幸せだったこと。
「野球を始めた時から当たり前のように試合、練習をしてきました。しかし今、こういう時期になって、多くの大人の方々の支えによって実現しているんだなと実感しています」

 今は群馬県も独自大会へ向けて検討を続けているが、高野連の方々へ配慮のコメントを出せる清水は非常に大人びている。
 大人びたということに関して、吉田監督はこんなエピソードを明かしてくれた。

 「先日、学校で彼と面談する機会がありました。その時、驚かされたのはこんなに先のことまで見据えて、ビジョンを組んでいたことです。

 たとえば、大学に進んだ場合、この時期まで、この取り組みをして、ここまで成長するんだという計画内容がとても具体的なんです。

 そうした姿を見れば、彼はどの舞台に進んでも成長ができる人間性を持っています。上背が低いので投手として伸びしろがない見方があるかもしれません。しかし私はもっと成長すると思っています。そういった彼の人間性を高く評価し、指導していただけるチームに進んでほしいと思っています」

 

 清水が将来的に目指すストレートの球速は150キロ。アベレージも140キロ中盤にいきたいと考えている。秋よりも成長した姿を見せるために心技体を磨いてきた。

 その発表の場が訪れることを期待したい。

(記事=河嶋 宗一


関連記事
軟式U-15代表経験者・清水惇擁する安中総合。チームカラーを出しながら、再開向けて準備続ける
第6回 安中総合(群馬)「健大高崎、前橋育英、桐生第一を打ち破れ!」
スタメン選手のほとんどが柵越えを経験!安中総合の打撃力に注目(群馬)