目次

[1]貴重な経験となった軟式の日本代表
[2]安中総合進学の決め手は主将だった兄の存在


 今年の群馬県も健大高崎桐生第一、前橋育英といった強豪私学が注目される。

 その強豪私学が恐れる投手なのが安中総合清水 惇だ。中学時代は少人数の野球部ながら選抜チームで好投を重ね、中学軟式の日本代表に選ばれた実績を持つ。
 172センチと小柄ながら140キロ台の速球とキレのあるスライダーを武器にする好投手は群馬県でもそうはいない。そんな清水の成長の軌跡を知るべく、電話取材を行った。

貴重な経験となった軟式の日本代表



U-15代表の選手と一緒に集合写真をとる清水惇(安中総合)

 まず清水の歩みを振り返ると、幼稚園年長から野球を始め、小学4年から投手を始める。当時について清水は「人よりまあまあ肩が強くて、ソフトボールも小学校6年で60メートルぐらいでした。でも自分よりも肩も強くて、身体が大きい選手は多くいました」と振り返る。
 高崎市立長野郷中時代は全学年が揃わないと試合に出場にできない時期もあり、いつもギリギリの人数で試合に出場をしていた。そのため投手の清水は完投することも多く、「よく投げられたなと思います」と笑う。

 清水の力を持ってしても、チームはあまり勝てなかった。ここまでの歩みを振り返ると、軟式の日本代表に入ることは予想できない。きっかけは地区選抜、県選抜の練習に呼ばれ、対外試合で好投を見せたことが大きかった。追加選手として招集され、日本代表入りが決まった。

 喜びもつかの間、周囲のレベルの高さに圧倒された。
「ほかは名門の中学校やクラブチームでやってきている選手ばかりで、最初はついていけるかなと不安に思いましたね…」
 その中で最も驚かされたのは内山 壮真(星稜中-星稜)だったという。
「ずっと捕手やっていたんですけど、ある日、野手練習でショートを守っている日があったんですけど、その時の動きやグラブ裁きの華麗さは今でも覚えています。打撃もすごかったですし、壮真(内山)は誰が見てもすごい選手だと思います」

 そうした選手たちのパフォーマンスに刺激を受けながら、吉田はアジア大会優勝を経験。一緒にチームメイトになった選手と仲を深めたり、有意義な代表経験となった。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。