第1171回 九州に現れた最速138キロの本格派右腕・武内涼太(久留米東ボーイズ)伸びしろは無限大2020年05月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]メンコトレーニングで制球力が向上
[2]体作りで直球と制球力のアップを図る

体作りで直球と制球力のアップを図る



武内涼太(久留米東ボーイズ)

 久留米東ボーイズに入団後は、制球力に課題をもって取り組んできた武内投手だが、その一方でストレートにはずっと自信をもってマウンドに立ち続けた。
 1年生の終わりに130キロを記録すると、2年生の秋には138キロを記録。スピードは右肩上がりに成長を続け、自身の最大の持ち味であると胸を張る。

 「真っすぐはずっと自信を持って投げてきました。真っすぐに対してはこれからもこだわっていきたいと思いますし、さらに磨いていきたいと思います」

 来年からは高校野球の舞台に飛び込むが、目指す投手像は「完成度の高い投手」だ。
 力のあるストレートを持ち味として残しつつ、コントロールもこれまで以上に磨いていき、球威と制球力を兼ね備えた「完成度の高い投手」を目指したいと意気込みを語る。

 「イメージしているのは、昨年の夏の甲子園で活躍した奥川 恭伸投手(ヤクルト)です。活躍をみてやっぱり貫禄があるなと思いましたし、奥川投手のように周りに信頼されて大事なところで抑えることができるピッチャーになりたいです」

 そのために、武内投手がこれから取り組もうと考えているのが体作りだ。
 現在、身長は182センチと中学生の中ではかなり高いが、体重は69キロとまだまだ成長できる可能性を秘めている。筋力をつけて体を大きくすることで、理想とする完成度の高い投手へ近づいていくつもりだ。

 「高校野球では150キロを超えて、日本一の投手になりたいです。
 まずはしっかりと体作りをして、真っすぐもコントロールももっと良くしていきたいと思います」

 夏の選手権大会やジャイアンツカップはまだまだ開催が読めないところだが、武内投手は高校野球を見据えながら前向きに自粛期間を過ごした。再びマウンドに立った武内投手が、どんな投球を見せるのか注目だ。

(取材=栗崎 祐太朗)


関連記事
中学通算本塁打20本以上の長距離砲 小野勝利(狭山西武ボーイズ)が狙うは高卒プロ入り
名門・中本牧シニアに現れた180センチ超えの強肩強打の遊撃手・小川大地の武器は「向上心の強さ」
最速138キロのみちのくの剛腕 近藤悠人(宮城仙北ボーイズ)の持ち味は「強気に攻めるピッチング」

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

武内涼太(久留米東ボーイズ)
武内涼太(たけうち・りょうた)
  • 日田ライジングボーイズ-久留米東ボーイズ
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:182センチ69キロ
  •  

【関連記事】
第38回 ベテラン監督による手厚いサポートが魅力の久留米東ボーイズ。選手の希望を叶える指導へシフトチェンジ【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー