第1145回 石川に現れた全国レベルのショートストップ・中津大和(小松大谷)の成長の軌跡2020年05月17日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]自分の課題を克服して良さを強みに
[2]自粛期間でも有意義に時間を使って

 石川県は内山 壮真星稜)がドラフト上位候補として注目を浴びる。その内山に負けない魅力を持ったショートがいる。それが小松大谷中津 大和だ。180センチ75キロと均整のとれた体格から昨夏の石川大会では20打数12安打と大当たりを見せている。そしてスピーディかつ安定感のある守備も魅力的で、その高度な守備技術は玄人受けの評判だ。50メートル5秒8の俊足であり、中津は「スピードならば内山に絶対に負けないです」と胸を張る。そんな中津の成長の軌跡を追っていく。

自分の課題を克服して良さを強みに



中津大和(小松大谷)

 石川県出身の小松は父親が自衛隊勤務ということもあって、2歳の時に沖縄へ引っ越し、小学校1年生の時から野球を始めた。沖縄の少年野球チーム、中学1年まで那覇ボーイズでプレーし、父親の転勤で石川県の小松に戻り、小松ボーイズでプレーした。

 当時から1番ショートとして活躍。中学時代から50メートル6秒前半、ミート力の高さには自信があった。そして中津はボーイズの中日本選抜に選ばれ、鶴岡一人記念大会に出場。そこで感じたのは相手チームのレベルの高さ、体格差だったという。

「強いチームと戦わせてもらって、自分の力の無さに気付かされましたし、周りを見れば、体のでかい人ばかりで圧倒されてしまいました」

 それでも良い経験と捉えた中津は小松大谷へ進学することを決意。2学年上の中津の兄が同校でプレーしていたことがきっかけだった。

「兄から色々話を聞いて、小松大谷でプレーしたいと思いました」
 中津は実力が認められ、いきなり1年夏から背番号14としてベンチ入り。背番号は10番台だが、実質レギュラー扱いだった。西野監督は起用についてこう語る。
 「まず長打力はそれほどなかったのですが、ミート力が高かったこと。そして最大の武器はスピードでしたね、50メートルは5秒8でしたし、一塁まで駆け抜けも4秒切っていましたので、起用することを決めました」

 打順は8番、9番。そしてセカンドで起用され、4試合で11打数3安打4打点と1年生にしては結果を残したように見えるが、パワー、技術不足を痛感した。
 その課題克服のために打撃フォームでは浅めだったトップを深くとるようになった。
 「当てることは得意だったんですけど、当てるだけだったんです。だからトップを深くとってより強い打球を打てるフォームにするために、ティーバッティングなど打撃練習でフォームを固めていきました」



中津大和(小松大谷)

 そして中津は守備技術の高さを絶賛されているが、西野監督は「私は守備のほうが課題だと思いますね。起用したのはまず脚力、ミート力の高さがあったからですので」と答えれば、中津も「守備は良くなかったですし、実際にミスも多かったです」と課題だととらえていた。

 守備を上達するために、カギとなったのは「左足」から「右足」の置き換えだった。
 「自分はこれまで左足に体重を乗せていましたが、そうすると足が固まってしまう感覚になってしまい、うまくスタートが切れなかったんです。そこで、秋の大会が終わってから右足に体重を乗せることを意識して、練習を繰り返しました」

 すると、今までとは違う感覚で捕球ができる。足が動き、スピード感を持ってプレーができるようになったのだ。「一発で捕球し、すぐに送球ができるようになりました。何より捕球姿勢が低くなって、打球反応も良くなりました」と手ごたえをつかんだ。

 こうした発見は守備練習で何度も自分に合う感覚を試行錯誤したり、源田壮亮(埼玉西武・大分商出身)の守備動画を見て模倣をしながら見つけていったものである。

【次のページ】 自粛期間でも有意義に時間を使って

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

中津 大和 (小松大谷)
中津大和(なかつ・やまと)
  • 小松大谷
  • ポジション:遊撃手
  • タイプ:右投左打
  • 身長体重:180センチ75キロ
  •  

【関連記事】
第268回 石川に現れた全国区の遊撃手、鳥取期待の大型遊撃手、台湾の留学生など10人の逸材をピックアップ【西日本野手編】【ドラフト特集コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第935回 奥川恭伸擁する星稜を脅かすチームは?日本航空石川、遊学館が追随する!【石川大会展望】【大会展望・総括コラム】
第63回 星稜、金沢、遊学館の3強時代から日本航空石川も加わり4校の競い合い【石川県・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第52回 因縁の対決を制した星稜。負けず劣らず深い因縁の戦いを乗り越えてきたチームあり!【夏の大会特集2016】
第12回 第96回全国高校野球選手権大会 1~3回戦を振り返る 【2014年選手権大会】
中津 大和(小松大谷) 【選手名鑑】
小松大谷 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー