第1141回 投手として開花しつつある入江大生(明治大)。一発勝負のリーグ戦でドラフト上位へ躍り出るか?2020年04月07日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]憧れと先輩の背中を追いかけて明治の門を叩く
[2]個人だけではなく、チームを勝たせる投手へ



 10年連続ドラフト指名を受けている明治大。昨年は広島東洋1位・森下 暢仁大分商出身)、横浜DeNA3位・伊勢 大夢九州学院出身)が指名を受け、即戦力として期待をかけられている。そして今年、この2人に続くのが入江 大生作新学院出身)だ。

 作新学院時代、今井 達也(現・埼玉西武)らとともに全国制覇を経験。夏の甲子園では今も破られない3試合連続ホームランの活躍が評価され、U18にも選出。アジア選手権制覇に貢献した。

 これまでは入江の野球人生の始まりから高校野球3年間の話まで聞いてきた。今回は明治大進学のキッカケや現在までの話を中心に伺った。

これまでの入江大生へのインタビューはこちらから!
2016年甲子園優勝メンバー・入江大生(作新学院出身)を変えた3年春の県大会
一塁コンバートから始まった甲子園3試合連続本塁打。入江大生(明治大)が振り返る作新学院時代の思い出

憧れと先輩の背中を追いかけて明治の門を叩く



インタビュー中の入江大生

 それから六大学の強豪・明治大学へ進学を決めた入江。その決め手となっていたのは2つあった。
 「1つは先輩の添田 真海さん(日本通運)がいたことですが、もう1つはずっと行きたかったんです。試合とかは見ていなかったのですが、明治の野球が好きで『カッコいいな』と思っていまして。ですので、小針崇宏監督にはずっと伝えていました」

 現在、日本通運でプレーする先輩・添田だが、入江は高校時代に添田の背中からあることを学んでいた。
 「ケガだけは気を付けていて、肩甲骨や股関節など全身のストレッチを今も続けています。これは高校から始めましたが、添田さんがきっかけなんです」

 入江の1つ上にあたる添田は元々身体が硬かった。しかし毎日ストレッチやっていくと、次第に柔らかくなるのを入江は見て、「意識すれば柔らかくなる」ことを学んだ。怪我を避けたかった入江は、柔軟性を身につけることで怪我を防ぐべく、添田をきっかけにストレッチを始めた。そのおかげもあり、プレーにしなりが生まれ、力強いボールを投げ込むことが増えたのを実感している。

 憧れの明治大に進んだ入江は、1年生の春からリーグ戦に登板。初勝利を掴んだのは3年生の春だったが、ここまで26試合に登板して防御率2.97という成績を残す。

 首脳陣から高い期待を寄せられて続けている入江は、昨秋のリーグ戦で先発初勝利。防御率0.82という数字を残して期待に答えると、11月に愛媛県で行われた大学代表候補の選考合宿に初参加。高校時代に代表メンバーだった早川 隆久木更津総合出身)をはじめ、大学球界を牽引する選手たちが勢ぞろいだった。

 そこで入江は再び意識を高める必要性を肌で痛感した。
 「キャッチボールだけでも違いますね。合宿に来た人は質やレベルが高い。回転のかけ方やルーティーンとかも勉強になりましたし、しっかりボールに回転を掛けないといけないと改めて感じました」

【次のページ】 個人だけではなく、チームを勝たせる投手へ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

川井泰志(桐生ボーイズ)
入江 大生(いりえ・たいせい)
  • 作新学院-明治大
  • ポジション:投手
  • 身長・体重:187センチ・84キロ
  • 投打:右投右打
  •    
【関連記事】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第27回 歴代の甲子園を沸かせたヒーローたちが続々と上位にランクイン!人気選手名鑑ランキング!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第9回 夏優勝2回、9年連続甲子園出場の栃木の王者・作新学院の戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第1141回 一塁コンバートから始まった甲子園3試合連続本塁打。入江大生(明治大)が振り返る作新学院時代の思い出 【2020年インタビュー】
第1141回 2016年甲子園優勝メンバー・入江大生(作新学院出身)を変えた3年春の県大会 【2020年インタビュー】
第6回 昭和の時代に北関東で躍進した工業校 前橋工(群馬)、宇都宮工(栃木)【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第5回 山陽道でそれぞれの時代を形成してきた岡山東商、広島商、宇部商【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第1073回 岐阜を代表する二刀流・元 謙太(中京学院大中京)。来季は同世代の投手に負けないピッチングを目指す! 【2019年インタビュー】
第1034回 笠谷俊介に柳裕也、ドラ1候補・森下暢仁(明治大)のプロ入りへの意思を明確にした類まれな環境 【2019年インタビュー】
第1052回 目指すはナンバーワン野手。さらにレベルアップし、来年も日本代表へ 横山陽樹(作新学院) 【2019年インタビュー】
今井 達也(作新学院) 【選手名鑑】
入江 大生(作新学院) 【選手名鑑】
作新学院 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー