第1142回 目標は菊池雄星。東海大相模に進学の南琉人(湖東リトルシニア)が思い描く本格派への道【後編】2020年04月01日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]「繊細なところがある」村西監督が知る南の人間性
[2]名門・東海大相模の門を叩く


 昨年のMCYSA全米選手権日本代表に選出されるなど、中学球界屈指の左腕として知られている湖東リトルシニアの南琉人。しなやかなフォームからノビのあるストレートを投げ込み、ある高校の指導者が「中学生の中に高校3年生が交じっている」と表現するほど、その実力は際立っている。

 4月からは神奈川の名門・東海大相模に進み、全国制覇と卒業後のプロ入りを目指す。
 後編では村西監督が知る南の人間性や、東海大相模に進学を決めた理由について迫った。

前編はこちらから!
関西地区を代表する左腕・南琉人(湖東リトルシニア) シニア日本代表に選出までの成長ストーリー【前編】

「繊細なところがある」村西監督が知る南の人間性



ピッチングをする南琉人(湖東リトルシニア)

 湖東リトルシニアの3年間で大きく成長を遂げた南。体つきや技術面ももちろんだが、「ピンチでも動じない心の強さや自分を追い込む精神を磨けたと思います」と精神面での成長を実感している。

 村西監督によると、南は負けず嫌いな一面があるという。それが日頃の練習や試合で上手く作用し、中学屈指のサウスポーへと上り詰めた。比叡山高校に2度甲子園の土を踏み、プロで7年間の現役生活を送った村西監督は南の将来性についてこう語る。

「凄く良いピッチャーですし、将来性もあると思います。彼の良いところはああ見えて繊細なところがあるところ。本当にピッチャーらしい選手だなと思います。一つ言うなら気持ちに波があるので、それがピッチングに出てしまうところがあります。それがなくなってくると、一皮むけるかなというのがありますね。中学生だから難しいのですが、それを口酸っぱくいってきたので、高校に行ってどこかで気づいてくれるかなと思います」

 現時点でもかなりのレベルに到達している印象だが、村西監督の話を聞く限りではまだまだ伸びしろはありそうだ。高校での更なる成長に期待したい。

【次のページ】 名門・東海大相模の門を叩く

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

南琉人(湖東リトルシニア)
南 琉人(みなみ・りゅうと)
  • 湖東リトルシニアー東海大相模
  • ポジション:投手
  • 投打:左投左打
  •    
【関連記事】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第252回 2003年世代は投手豊作年!?森木大智、笹倉世那、松浦慶斗など豪腕揃い【前編】【ドラフト特集コラム】
第1004回 2020年の神奈川の勢力図は?第一勢力~第三勢力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第2回 神奈川の名門・東海大相模の戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第1142回 関西地区を代表する左腕・南琉人(湖東リトルシニア) シニア日本代表に選出までの成長ストーリー【前編】 【2020年インタビュー】
第1129回 高校通算40発の福岡屈指のスラッガー・久木田和志(小倉工) 後ろを振り返らず「日本一のスラッガー」へ 【2020年インタビュー】
第1055回 最速151キロサイド・伊勢大夢(明治大)が最終学年に覚醒した意識の変化 【2019年インタビュー】
第1041回 遠藤成(東海大相模)の逆転打を生んだ「打撃フォームの修正」 試行錯誤はまだ続く 【2019年インタビュー】
第956回 東京ガス期待のルーキー・楠研次郎!力強いスイングを貫き、上の世界を虎視眈々と狙う 【2019年インタビュー】
東海大相模 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー