目次

[1]「繊細なところがある」村西監督が知る南の人間性
[2]名門・東海大相模の門を叩く


 昨年のMCYSA全米選手権日本代表に選出されるなど、中学球界屈指の左腕として知られている湖東リトルシニアの南琉人。しなやかなフォームからノビのあるストレートを投げ込み、ある高校の指導者が「中学生の中に高校3年生が交じっている」と表現するほど、その実力は際立っている。

 4月からは神奈川の名門・東海大相模に進み、全国制覇と卒業後のプロ入りを目指す。
 後編では村西監督が知る南の人間性や、東海大相模に進学を決めた理由について迫った。

前編はこちらから!
関西地区を代表する左腕・南琉人(湖東リトルシニア) シニア日本代表に選出までの成長ストーリー【前編】

「繊細なところがある」村西監督が知る南の人間性


 湖東リトルシニアの3年間で大きく成長を遂げた南。体つきや技術面ももちろんだが、「ピンチでも動じない心の強さや自分を追い込む精神を磨けたと思います」と精神面での成長を実感している。

 村西監督によると、南は負けず嫌いな一面があるという。それが日頃の練習や試合で上手く作用し、中学屈指のサウスポーへと上り詰めた。比叡山高校に2度甲子園の土を踏み、プロで7年間の現役生活を送った村西監督は南の将来性についてこう語る。

「凄く良いピッチャーですし、将来性もあると思います。彼の良いところはああ見えて繊細なところがあるところ。本当にピッチャーらしい選手だなと思います。一つ言うなら気持ちに波があるので、それがピッチングに出てしまうところがあります。それがなくなってくると、一皮むけるかなというのがありますね。中学生だから難しいのですが、それを口酸っぱくいってきたので、高校に行ってどこかで気づいてくれるかなと思います」

 現時点でもかなりのレベルに到達している印象だが、村西監督の話を聞く限りではまだまだ伸びしろはありそうだ。高校での更なる成長に期待したい。