第1142回 関西地区を代表する左腕・南琉人(湖東リトルシニア) シニア日本代表に選出までの成長ストーリー【前編】2020年03月31日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]元プロ・村西監督の下で野球を教わる
[2]日の丸を背負い、将来のメジャーリーガー候補たちと対戦


 昨年のMCYSA全米選手権日本代表に選出されるなど、中学球界屈指の左腕として知られている湖東リトルシニアの南琉人。しなやかなフォームからノビのあるストレートを投げ込み、ある高校の指導者が「中学生の中に高校3年生が交じっている」と表現するほど、その実力は際立っている。

 4月からは神奈川の名門・東海大相模に進み、全国制覇と卒業後のプロ入りを目指す。将来はMLB入りも見据える逸材にこれまでの成長ストーリーと今後のビジョンについて伺った。

元プロ・村西監督の下で野球を教わる



南琉人(湖東リトルシニア)

 南が野球を始めたのは小学3年生の時。近所に住んでいた先輩から誘われて、土山・山内スポーツ少年団に入団した。生まれつき左利きだったこともあり、野球を始めてからすぐに投手を始めたという。

「最初は全然ストライクが入らず、バッターも抑えられず、苦しんでいましたが、6年生になると、だんだん自覚が芽生えて、バッターを抑えることの楽しさを覚えました」

 投手としての楽しさを知った南は中学に上がると、湖東リトルシニアに入団。「監督が元プロ野球選手で、投手として成長するには一番良い環境だと思ったからです」とかつて横浜の投手だった村西哲幸監督の存在が入団の決め手となった。

「ピッチャーとしての自覚を持つことと、ピッチャーとして大切なトレーニング方法を学べました」と南は3年間での成長を振り返る。特に役立ったトレーニングは柔軟と走り込みだという。

「柔軟は投球フォームの改善に繋がりましたし、走り込みは下半身と上半身の連動に役立つことがわかったので、とても良かったです」

【次のページ】 日の丸を背負い、将来のメジャーリーガー候補たちと対戦

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

南琉人(湖東リトルシニア)
南 琉人(みなみ・りゅうと)
  • 湖東リトルシニアー東海大相模
  • ポジション:投手
  • 投打:左投左打
  •    
【関連記事】
第149回 恩師が語る東海大相模・西川僚佑。「とにかく飛ばす力選手で、練習も真面目に取り組んでいた」【高校野球コラム】
第3回 【12球団ドラフト指名予想】独自路線を貫くDeNAの上位指名には高卒選手が必須?【プロ12球団ドラフト分析2020】
第134回 執念、チーム力、甘さ。東海大相模が大阪桐蔭との一戦で学んだこと【高校野球コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第1142回 目標は菊池雄星。東海大相模に進学の南琉人(湖東リトルシニア)が思い描く本格派への道【後編】 【2020年インタビュー】
第1129回 高校通算40発の福岡屈指のスラッガー・久木田和志(小倉工) 後ろを振り返らず「日本一のスラッガー」へ 【2020年インタビュー】
第1055回 最速151キロサイド・伊勢大夢(明治大)が最終学年に覚醒した意識の変化 【2019年インタビュー】
第1041回 遠藤成(東海大相模)の逆転打を生んだ「打撃フォームの修正」 試行錯誤はまだ続く 【2019年インタビュー】
第956回 東京ガス期待のルーキー・楠研次郎!力強いスイングを貫き、上の世界を虎視眈々と狙う 【2019年インタビュー】
東海大相模 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー