第1140回 1年から名門・智辯和歌山の4番に座る徳丸天晴。目指すは高校通算50本塁打2020年03月13日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]なぜ1年春から4番打者として起用されたのか?そのエピソードも紹介
[2]1年の経験を残り2年間で生かす

1年の経験を残り2年間で生かす



徳丸天晴(智辯和歌山)

 1年春の県大会から4番起用され、近畿大会では3打数1安打、夏の甲子園では12打数3安打に終わった。徳丸自身、満足いかないパフォーマンスが続いた。ただ徳丸はその経験を前向きにとらえていた。
「甲子園では全然よくなかったです。でも奥川(恭伸)さんのような投手と対戦できたのは本当に良い経験でした。奥川さんは今まで見たことがないような剛速球、キレのある変化球を投げる投手でした。そういう投手と対戦したこともあり、自分は他の1年生にはない経験はできたと思います。ただこの経験を生かすのは自分次第です」

 1年秋でも4番打者を務めたが、1本塁打8打点、打率.276。悪い成績ではないが、徳丸のポテンシャルの高さからすると物足りなさを感じる。その1本塁打は春以来となった智辯学園戦で放ったもの。その1本も「自分にとって良いスイングではなかったですし、引っ張り傾向で、ぜんぜん良くなったです」と反省の弁を繰り返した。

 この冬は「軸のブレが少ない安定したフォーム」にこだわって素振り、ロングティーを行ってきた。強打者の映像を見るのが好きな徳丸は広島東洋・鈴木 誠也二松学舎大附)、レイズ・筒香 嘉智横浜出身)、ジャッジ(ヤンキース)の映像を見て分析している。特に鈴木やジャッジは同じライトを守る強打者として影響を受けている。自慢の強肩は投げれば、140キロを超える。スローイングを修正しながら、刺せる外野手を目指してきた。

 二度目の甲子園でプレーすることはかなわなかったが、最終学年まで高校通算50本塁打を目指す目標ということは変わりない。智辯和歌山の真の4番にふさわしいスラッガーになるために。徳丸の挑戦は続く。

(記事=河嶋 宗一

関連記事
春季和歌山県大会の組み合わせが決定!智辯和歌山など昨秋ベスト4の初戦の相手は?
来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト
智辯和歌山の課題は「個」のレベルアップ。コンバートなどを経て全選手がレベルアップ!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

徳丸天晴(智辯和歌山)
徳丸 天晴(とくまる・てんせい)
  • 大阪東ボーイズ-智辯和歌山
  • ポジション:外野手
  •    
【関連記事】
第1224回 持ち味は高校生レベルを超えたスピード感あふれるプレー 巧打者・細川凌平(智辯和歌山)が掲げるビジョン 【2020年インタビュー】
第1223回 世代トップクラスの剛腕・小林樹斗(智辯和歌山)は昨夏の米子東戦以上のインパクトのある投球を見せることができるか 【2020年インタビュー】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
第27回 歴代の甲子園を沸かせたヒーローたちが続々と上位にランクイン!人気選手名鑑ランキング!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第1004回 2020年の東東京の勢力図、新鋭を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1105回 明石商を二季連続甲子園ベスト4に導いた水上桂が名捕手になるまで【前編】 【2020年インタビュー】
第1079回 赤坂諒(上野学園) 理想は勝てる投手。次なるステージで再び革命を起こす【後編】 【2019年インタビュー】
鈴木 誠也(都立東) 【選手名鑑】
鈴木 誠也(二松学舎大附) 【選手名鑑】
筒香 嘉智(横浜) 【選手名鑑】
徳丸 天晴(智辯和歌山) 【選手名鑑】
智辯和歌山 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー