目次

[1]高校から本格的に投手を始める
[2]秋季関東大会で出た課題

秋季関東大会で出た課題



竹内将悟(拓大紅陵)

 そんな竹内の名が一気に広まったのが、昨夏の第101回全国高校野球選手権千葉大会の東海大市原望洋戦だ。

 2番手として登板した竹内は、2回3分の2を投げて1失点の投球を見せる。相手に貴重な追加点こそ献上したが、強気なピッチングは目を見張るものがあり最速は140キロを記録。
 和田監督はこの試合での投球から、竹内に頼もしさを感じ始めたと振り返る。

 「この試合を見て、この子は気持ちの強い子だなと感じました。一つ上の代の夏の大会でも、物怖じせずに投げれるメンタルの強さを感じました。
 あとは新チームになって、多少エースの自覚が出てきたのかもしれないですね。一つ上の代でも投げた自信があるかもしれません」

 地道なフォーム修正に、夏の大会で得た自信。
 秋季千葉県大会での3完封は、こうしたターニングポイントから繋がっていったのだ。

 だが、竹内は昨秋にまた新たな課題にぶつかった。
 竹内にとって初出場となった秋季関東大会では、初戦で花咲徳栄に5回8失点を喫し、選抜甲子園への道は早々に打ち砕かれた。



秋季千葉県大会で専大松戸を完封し雄叫びを上げる竹内将悟(拓大紅陵)

 初めての関東大会、花咲徳栄という全国屈指の強豪との対戦、普段とは違う他県の球場。様々な要因から必要以上の力みが生まれ、上体だけの投球が再び出てしまったのだ。

 「あの試合は力でしまったところが敗因かなと思います。力んでしまってボールが高めに浮いたところを狙い撃ちされ、スライダーも抜けてしまい、それを井上 朋也くんにセンターオーバーを打たれてしまいました」

 秋の敗戦を踏まえて竹内は、オフシーズンの期間で改めて下半身主導のフォームを固めていきたいと決意を語る。
 またチームのエースとしても、より頼りになる存在になっていき、野手を助けられるピッチングをしていくことを誓う。

 「野手が打ってくれる時はすごく安心しますが、反対に野手が苦戦してる時は自分が出来るだけ抑えて野手が点を取りやすい雰囲気を作っていきたいと思います。野手のためにもリズムのいい投球をしていきたいです」

 夏までの目標に掲げるのは、140キロ中盤のストレートを投げ込み、チームを甲子園に導くことだ。
 千葉に現れた快速右腕が、まずは春にどこまでの成長を見せるのか注目だ。

(取材=栗崎 祐太朗)

関連記事
花咲徳栄と拓大紅陵が激突!秋季関東大会をレポート!
秋季千葉県大会準決勝をレポート!拓大紅陵・竹内将悟の柔と剛の投球術で完封勝利
秋季千葉県大会3回戦をレポート!エース・竹内将悟の巧みな投球術で完封勝利!