公式戦20本塁打の天理の中で、守備として目立つ選手がいる。それが杉下 海生天理)だ。中学時代は侍ジャパンU15代表を経験したショートストップだ。上級生からも信頼を受ける杉下の歩みを振り返っていきたい。

ターニングポイントとなった報徳学園戦



杉下海生(天理)

 小学校の時から投手、内野手を兼任していたが、泉佐野リトルシニアでは遊撃手として実力を磨いた。守備を上達させるために、埼玉西武・源田壮亮(大分商出身)の守備を参考にしてきた。

 そして中学3年。侍ジャパンのセレクションを受験した。周りは中学生離れの体格をした選手ばかり。投げれば140キロ台、打てば本塁打連発。同じスキルの勝負ならば勝負にならない。そこで杉下が心がけたのはいつも行っていた攻守を丁寧に行うことだった。
「まず打撃練習では大きい打球を狙うのではなく、シングルヒットとなるような打球を数多く打つことを心がけました。そして、守備練習では1つ1つの打球を丁寧にさばくことを意識しました」
 そうした姿勢が認められ、侍ジャパンU15代表に選ばれ、第4回 WBSC U-15 ワールドカップに出場。ベストナイン(指名打者)部門を獲得した

 そして天理に進むきっかけは、甲子園で活躍する兄・海士(立正大)、2学年上の大海の存在だ。中学生の時から天理に進むことしか頭になかった。

 センスの高さはすぐに発揮され、1年夏にはベンチ入り、1年秋には三塁手・下林 源太、二塁手・田中 輝希と守備力が高い先輩に囲まれ、新チーム直後から始まった早朝練習で基礎練習を重ねながら、攻守に磨きをかけていった。



杉下海生(天理)

 そして最も輝きを見せたのが、昨秋の近畿大会だ。近畿優勝のターニングポイントとなった報徳学園戦。8回裏、二死満塁から走者一掃の適時三塁打を放ち、勝利につなげる一打となった。

「準決勝で敗れ、県3位からの出場だったので、何としても勝ちたい。またつなげたい思いで打った一打でした」

 だが、公式戦では打率.289、遊撃手として6失策と攻守で内容は満足していない。遊撃守備のスピードについては二遊間を組む田中からも一目を置かれているが、「歴代の天理のショートといえば、うまい方ばかり。そんな先輩と比べると自分は全然です」とさらに守備力アップに取り組む。そして打撃でも「天理といえばフルスイングですが、僕の場合、本塁打を狙うのではなく、しっかりと振った中で、鋭い打球を打ててヒットが打てればと思います」とコンタクト力アップをテーマに練習に取り組む。

 甲子園の活躍を目指すとともに、杉下の最大の目標は侍ジャパンU18代表に選ばれショートを守ることである。
「U15代表のときは、DHでした。高校の日本代表はもっと厳しいと思いますし、そこでショートを守ることはさらに難しくなると思います。それでも、守れなかった悔しさを糧にレベルアップしていきたいです」

 全国舞台でさらにレベルアップし、ラストイヤーでは誰もが絶賛する遊撃手になってみせる。

(取材=河嶋 宗一

関連記事
主将で1番捕手!中学球界屈指の名捕手・伊藤愛都( 草津リトルシニア)が過ごした3年間
最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)
野茂総監督から学んだ感謝の気持ちを胸に 香西一希(糸島ボーイズ)は高校野球でも二刀流を目指す

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。