目次
目次
[TOC]

[1]夏までに150㎞を出して将来はプロ一本
[2]投打で活躍し、チーム一丸となって甲子園に行く

[1]夏までに150㎞を出して将来はプロ一本
[2]投打で活躍し、チーム一丸となって甲子園に行く

 スリークォーターから最速146キロの速球を投げる本格派投手としてプロのスカウトからも注目を浴びている瀬田工小辻 鷹仁(2年)。昨年末の滋賀選抜オーストラリア遠征では7回無失点の好投を見せた。

 入学時の球速は122キロと決して際立った存在ではなかったが、2年間で右肩上がりの成長を続けてきた。彼はいかにしてプロ注目の投手になったのだろうか。後編では滋賀選抜後の課題への取り組み方、今後の目標に迫りました。


前編はこちらから!
プロを目指していなかった高校入学時からプロ注目と言われるまでに急成長・小辻鷹仁(瀬田工)【前編】

夏までに150㎞を出して将来はプロ一本



小辻鷹仁(瀬田工)

 滋賀のトップ選手と接する時間は小辻にとってもチームにとっても有意義なものだった。オーストラリア遠征で得た知識や経験をもとに帰国後の練習で取り組んできたのは股関節の柔軟性だ。

「自分は股関節が固いので、股関節の柔軟を意識してトレーニングをしてきました。滋賀選抜でもトレーナーの方から色々教わったので、それを意識してやっていました。やっているのは股割りなどですね。他にお尻の部分も固いと言われて、『そこを柔らかくしたら股関節に体重が乗るよ』と言われたので、お尻の筋肉を伸ばすようにやっています」

 自ら課題を見つけ、それを克服するために努力する姿はチームメイトからも一目置かれている。「非常に意識が高いので、僕たちに刺激を与えてくれていて、練習の質が上がっています」と主将の三原滉平(2年)は小辻の練習に対する姿勢がチームの底上げに繋がっていると話す。

 小辻に刺激を受けるかのように他の投手の成長も著しく、球速が130キロを超える投手が4人も出てきている。「僕にとってもいい刺激になって、もっと頑張らないとアカンと思います」と小辻も彼らから得るものは多いようだ。

 第二種電気工事士と情報技術検定3級の資格を取得し、昨年まで就職を考えていた小辻だが、今は目標をプロ一本に絞っている。関西の強豪大学からの誘いが複数来ていたが、現時点では全て断っているそうだ。小辻のプロ入りへの想いは強く、目指しているのは上位指名でのプロ入りだ。

「夏までに150キロとキレのいいボールを投げられるようになって、ドラフト上位でプロに行きたいと思っています。3位までには行きたいですね」

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。