第1132回 投手を経験しさらにレベルアップした捕手技術でチームを勝利に導く!景山透唯(立命館守山) 【後編】2020年03月05日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]滋賀県選抜で4番を任され勝利に貢献
[2]滋賀県で絶対的な1位になるために

 4番捕手兼リリーフ投手として創部4年目の立命館守山を近畿大会初出場に導いた景山 透唯(2年)。昨年末には滋賀選抜に選出され、中軸打者として活躍した。身長171㎝と上背はないが、ガッチリとした体格から安打を量産し、投手としても肩の強さを活かした力強いストレートで相手打者を抑え込む。

 「チームとして一番の主軸ですし、本当に頼りになります」と西田賢生主将(2年)が話すようにチームメイトからの信頼は厚い。今回は滋賀を代表する二刀流プレーヤーとなった景山のこれまでの野球人生や今後の抱負について伺った。

 後編では滋賀県選抜でのエピソードや今後のビジョンについて語ってもらいました。

前編はこちらから!
捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】

滋賀県選抜で4番を任され勝利に貢献



景山透唯( 立命館守山)

 近畿大会終了後には滋賀選抜に選出された。滋賀県を代表する選手が集まった中で初めての対外試合となる龍谷大との練習試合で景山は4番を任される。大学生相手に木製バットという条件ながら3安打1打点の活躍でチームの勝利に貢献。オーストラリア遠征でも主軸を任され続け、20打数5安打とまずまずの成績を残した。

 立命館守山が普段の練習から木製バットを使用しているとはいえ、いきなり実戦で結果を残すことは簡単ではない。木製バットに順応できた秘訣を聞いてみると、「木製バットの方が打ちやすい」という答えが返ってきた。振った時にバットがしなる感覚があり、それが打ちやすい理由なのだという。

 木製バットの特徴を生かしながら安打を量産している景山。秋武祥仁監督によると、2年生の夏までは打ちたいという気持ちが強い故に力が入りすぎることもあったが、新チームになってからは勝利のために気持ちをコントロールできるようになったそうだ。練習と試合でそれぞれどんな意識を持って臨んでいるかについてはこう答えてくれた。

 「試合になったら『とりあえずヒット』というのを心がけて打席に入っています。練習の時は体が開いたり、頭のブレがないように重心や軸に気をつけています」

 以前から景山の打撃は重心が安定しているという印象を持っていたが、それは日頃の意識づけの賜物だったようだ。

【次のページ】 滋賀県で絶対的な1位になるために

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

 景山透唯( 立命館守山)
景山透唯
  • 立命館守山
  • ポジション:捕手、投手
  •    
【関連記事】
第1133回 「プロは目指していなかった」146キロ右腕・小辻鷹仁(瀬田工)はどのようにしてプロ注目となったのか 【2020年インタビュー】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
第1015回 「甲子園1勝」を目標に 秋の大会がもたらした選手の意識の変化と課題 立命館守山(滋賀)【後編】【野球部訪問】
第1015回 「創部4年」「グラウンドなし」の立命館守山(滋賀)が近畿大会出場できた理由【野球部訪問】
第2回 全国制覇もドラフトも持っていく勢い!2020年の近畿地区の高校野球を占う【近畿地区の高校野球】
第988回 【秋季滋賀県大会】県全体のレベルアップの必要性を感じながらも、見どころの多かった秋【大会展望・総括コラム】
第933回 近江を止めるのはどこだ?滋賀学園、光泉ら力校が追随する!【滋賀大会展望】【大会展望・総括コラム】
第766回 高次元なパフォーマンスは高い意識から 大学No.1外野手・辰己涼介(立命館大)に秘める自己分析力! 【2018年インタビュー】
第592回 東 克樹(愛工大名電ー立命館大)「子供たちに勇気を与えられる投手に」 【2017年インタビュー】
景山 透唯(立命館守山) 【選手名鑑】
立命館守山 【高校別データ】
龍谷大平安 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー