目次

[1]陸上部に入門して瞬発力を鍛える
[2]ライバル視するのは東海大相模・西川僚祐

 春夏合わせて17度の甲子園出場を誇り、2020年には創部100周年を迎える福岡の古豪・小倉工
 その中で1年生から4番に座り、打線を牽引するのが久木田 和志だ。175センチ・91キロの屈強な体格から繰り出すパワフルな打撃が持ち味で、高校通算本塁打はここまで40本。秋季大会では、プロ野球のスカウトも視察に訪れ、福岡県を代表する打者の一人になった。

 そんな久木田が掲げる目標は、ずばり「日本一のスラッガー」だ。そのために久木田はどんな冬を過ごしているのか迫っていく。

陸上部に入門して瞬発力を鍛える



久木田和志(小倉工)

 「久木田は今、毎朝陸上部の練習に参加しているんです。パワーはありますが瞬発力が無いので、そこを陸上部で鍛えてもらっています」

 そう語るのは小倉工の若き指揮官・牧島健監督(31)だ。
 1年秋の時点で11本の本塁打を放った久木田は、2年生に入るとさらにスケールアップして、通算本塁打は40本に到達。体重もこの1年間で6キロほど増加し、大きなスケールアップに成功したが、その反面、瞬発力の無さが課題として浮かび上がってきたのだ。

 小倉工の陸上部で指導を行っているのは、2007年世界陸上で日本代表だった吉形政衡氏。
 日本のトップレベルを駆け抜けた指導者の下、毎朝必死に走り込む久木田は体の変化に手応えを感じている。

 「周りからは瞬発力や走るスピードが無いと、上のレベルでは通用しないと言われています。バッティングのキレにも繋がってくると思いますし、守備の動きにも繋がってきます。
 下半身も少しずつ変わってきて、走るスピードも変わってきたので続けていきたいです」

 久木田が、ここまで貪欲にトレーニングに打ち込むのには理由がある。
 「日本一のスラッガー」、そして「高卒でプロ入り」という大きな目標を掲げている為だ。

 2019年は、1年間で29本の本塁打を放って大きな成長を遂げたが、その一方で秋季大会では厳しくマークされるようになる。
 執拗なまでのインコース攻めに、厳しいアウトコースへの変化球。自分のバッティングをさせてもらえなくなり、久木田はさらなるレベルアップの必要性を感じた。

 「デッドボールも増えましたし、本当にインコースのギリギリを攻められることが多くなりました。そして、最後は外のスライダーで来るとわかってるのに空振りすることも多くて、克服しないといけないなと感じました」