第1096回 もっと上手くなれる。経験豊富な巧打の三塁手・知田 爽汰(星稜)2020年02月22日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]主砲・内山壮真など刺激を受けてきた中学時代
[2]甲子園で味わった悔しさを成長の糧として


 2018年春から5季連続出場の星稜。1年夏から4季連続出場している内山 壮真に注目が集まるが内山とともに2年春から甲子園に出ている巧打者・知田 爽汰だ。下級生の時からクリーンナップを打ってきた打撃を武器に全国舞台でも活躍。高校通算13本塁打の長打力はさらに伸びる可能性がある。

 そんな知田の歩みを振り返る。

主砲・内山壮真など刺激を受けてきた中学時代



インタビューに答える知田爽汰(星稜)

 金沢市出身の知田にとって星稜は最も近い強豪だ。
 2014年の石川大会決勝戦で8点差をひっくり返し、甲子園出場を決めた試合は石川県民のみならず、全国の高校野球ファンに大きなインパクトを与えたが、知田は球場で見ておらず、少年野球チームの関東遠征時に大逆転劇を知った。
 「練習後だったのですが、マジかよと驚いた記憶があります」
 そして同時期、星稜中の指導者から誘いを受け、受験をして、星稜中学校に進むことになる。

 星稜中の日々は壮絶なものだった。
 「少年野球時代と比べても練習内容もハードで、指導も厳しく、非常にきついものがありました」

 また、星稜中からプレーする内山 壮真荻原 吟哉の存在は知田にとって刺激となった。
 「内山は1年生からレギュラーだったのですが、別格でしたね。なんでもそつなく、それでいて凄いプレーをする選手でした。また荻原はボールも速くて、変化球の曲がりも鋭い。そしてスポーツ万能。自分は投手でしたが、荻原の存在で控え投手。なのでショートをやっていました」

 知田は控え投手ながら、軟式で最速133キロを投げ、また打者として4番。本人は謙遜しているが、内山も荻原も知田の能力の高さに一目を置いていた。それでも天狗にならず、レベルアップに励むことができたのは全国舞台で活躍する内山と荻原の存在だ。
 「あの2人が軟式の日本代表になったとき、もっと頑張らないといけないなと思い、高校入学まで懸命に練習しました」

 そんな知田が日の目を浴びるようになったのは1年夏の甲子園終了後の練習試合だ。

 なんと3試合で4本塁打を放つ大活躍を見せる。
 「あの時は高校2年間の中で最も調子が良い期間でしたね」と笑う知田。
 この猛打が認められ、新チームではレギュラーとなり、1年秋ではクリーンナップを任されるまでに成長した。

【次のページ】 甲子園で味わった悔しさを成長の糧として

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

知田 爽汰 (星稜)
知田 爽汰(ちだ・そうた)
  • 星稜
  • ポジション:三塁手
  • タイプ:右投左打
  • 身長体重:174cm75kg

       
【関連記事】
第1230回 天才ゴルフ少年から星稜のスラッガーへ。中田達也の長打力の秘密はゴルフ仕込みのフルスイング 【2020年インタビュー】
第114回 全国制覇の道は絶たれても、未来の一歩へ力強く踏み出そうとしている星稜【高校野球コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第108回 履正社初優勝で幕が閉じた2019年の甲子園。注目15校の逸材の進路を公開【高校野球コラム】
第1130回 奥川の後を継ぐコントロールピッチャー・荻原吟哉(星稜)が求めるのは「速さ」と「緻密さ」 【2020年インタビュー】
第1129回 目指すはゴジラ超えの高校通算61本塁打。内山壮真(星稜)が語る攻守の課題【後編】 【2020年インタビュー】
第1126回 チームメイト、指揮官が絶賛する秀才型野球選手・内山壮真(星稜)の魅力とは【前編】 【2020年インタビュー】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
大手前高松vs星稜【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第1079回 赤坂諒(上野学園) 理想は勝てる投手。次なるステージで再び革命を起こす【後編】 【2019年インタビュー】
星稜vs敦賀【2019年秋の大会 第141回北信越地区高等学校野球大会】
履正社vs星稜【第101回全国高等学校野球選手権大会】
星稜vs仙台育英【第101回全国高等学校野球選手権大会】
知田 爽汰(星稜) 【選手名鑑】
星稜 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー