第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】2020年02月21日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

チームを引っ張り、注目を浴びても一番練習する



投球中の山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)

 また、投手出身の山尾監督から柔軟体操の重要さを説かれてからは毎日欠かさずに取り組んだ。それにより、「球のスピードやノビ、スピードを意識できるようになりました」とボールの質が向上。2年生の秋には139キロが出るようになっていた。

 最上級生となってからは主将に就任。
「やるからには勝ちたいので、自分だけではなく、周りにも声をかけて、勝つように意識していました」と自覚も芽生え、精力的にチームを引っ張った。
 山尾監督は「彼がチームを引っ張ってくれて、それで周りのレベルも上がっていきました。今の3年生は彼を中心としたようなチームでした」と山田のリーダーとしての資質を認めている。

 性格的には非常に明るく、ムードメーカー的存在だ。能力面、人間性を踏まえても彼がチームの中心になるのは必然的なことだった。高校でもプレー、言動の両面でチームを引っ張っていく存在となることだろう。

 誰もが認めるチームの顔となった山田は昨年3月に大阪で行われた「ニューバランスチャレンジ」のスピードガンコンテスト(その時の記事がコチラ)で出場選手最速となる139キロを記録して脚光を浴びた。

「あのような注目される中で自分の持っている力を出せたので、凄く成長できたと思います」とさらなる飛躍のきっかけとなったようだ。

 3年生になると周囲の視線も熱くなったが、「注目される方がアドレナリンがいっぱい出て、いい刺激をもらえます」と重圧に感じることなく、本来のパフォーマンスを発揮した。かといって天狗になるわけでもなく、「一番多く練習している子だと思います」と山尾監督が話すようにひたむきに努力を続けていた。

 山田の代は全国に繋がる大会で思うような結果を残せなかったが、ローカル大会で4つの優勝を成し遂げている。その中でも「『勝ちに行くぞ』と言った試合で優勝できたので、凄く雰囲気が良かったです」という4月の大阪阪南大会が最も印象に残っているそうだ。

 今回はここまで!次回の後編では話題になったテレビ出演、二刀流への思いを語ってもらいました。後編もお楽しみ!

(記事=馬場 遼)


関連記事
◆他のインタビュー記事を読んでみる
野茂総監督から学んだ感謝の気持ちを胸に 香西一希(糸島ボーイズ)は高校野球でも二刀流を目指す
ずば抜けたポテンシャル!荒削りの145キロ右腕が目指す高み 牟田稔啓(香椎)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

香西一希(糸島ボーイズ)
山田 陽翔(大津瀬田ボーイズ)
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 大津瀬田ボーイズ
【関連記事】
第11回 高校野球の名門校も守備のドリル化が進む。名門校3校が実践する守備トレーニング集【技術ノート 守備編】
第158回 中学生で180弱、達人級の牽制術…巨人期待の星・横川凱(大阪桐蔭出身)の中学時代の逸話!【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1298回 常勝・大阪桐蔭の礎を築いたザ・キャプテン・福井章吾は慶應大でも抜群のキャプテンシーを発揮 vol.3 【2021年インタビュー】
第157回 「緊張するような男じゃない」中学時代の恩師が知る中日3位・土田龍空(近江)のメンタリティー【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1030回 センバツ選考も難航か 2020年もハイレベルだった近畿地区の2021を占う【大会展望・総括コラム】
第1027回 中京大中京に追随するチームは?愛知県高校野球の2021年を占う【大会展望・総括コラム】
第1298回 「キャプテンをやってきてよかった」 苦悩の福井章吾(大阪桐蔭出身)を奮い立たせた西谷監督の存在 vol.2 【2020年インタビュー】
第1298回 現在の大阪桐蔭の礎を作った主将・福井章吾が中心選手になるまで vol.1 【2020年インタビュー】
第1298回 山田健太(大阪桐蔭-立教大)の気持ちを掻き立てる根尾、藤原らの存在 【2020年インタビュー】
第1100回 東都三部に潜む153キロ右腕・近久輝(東農大)の成長の原点は高校時代のコーチがあったから【後編】 【2020年インタビュー】
山田 陽翔(近江) 【選手名鑑】
近江 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】
東邦 【高校別データ】
東邦音大二 【高校別データ】
東邦大東邦 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー