第1107回 プロ入りを目指し佐賀から鹿児島へ 鹿児島NO.1右腕・ 八方悠介(鹿児島城西)が味わった悔しさ【前編】2020年02月03日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]佐々木監督に魅せられて
[2]「屈辱」を「成長」に変える

 「プロに行く!」という高い志を掲げて、佐賀からはるばる鹿児島までやってきた。プロ出身・佐々木誠監督が就任した年に入学した「1期生」に当たる。最上級生に上がる今年春に、鹿児島城西はセンバツ出場を決め、創部以来初の甲子園出場を果たす。同じ2年生右腕の前野将輝との2本柱は甲子園出場の原動力となった。

佐々木監督に魅せられて



練習に打ち込む八方悠介

 佐賀県唐津市出身。野球を始めたのは小2からで、中学時代は福岡の糸島ボーイズでプレーした。幼い頃から父・博さんに連れられ2つ上の兄・大輔さんと共にヤフオクドームでホークスの試合を何度も観戦に行っており「プロ野球選手になる」という夢を幼い頃から抱いていた。

 元々は捕手で、のちに秀岳館(熊本)に進学する大輔さんとずっとバッテリーを組んでいた。「ずっとピッチャーをやりたいと思っていたけど、兄とバッテリーを組まされたのでさせてもらえなかったんです」と苦笑する。

 中学に入って膝をケガして座れなくなったこともあって、三塁手に転向。投手を始めたのは中2の終わり頃で、投手歴は意外に浅い。「たまたまブルペンにいたら、コーチから『投げてみないか?』と言われたのがきっかけ」だった。

 高校進学は「いろんなところから特待の話もあったので、どこに行こうか、迷っていました」。佐賀県内はもちろん、福岡、大分、熊本からも声が掛かっており、その中の1つが鹿児島城西だった。18年から監督に就任する佐々木監督が糸島ボーイズとつながりがあり、就任前に声を掛けた数少ない選手の1人だ。

 「プロに行きたいのならプロの、大学に行きたいのなら大学の、希望に沿ったレベルの選手に育てる」
 他よりも遠い鹿児島まで行くのにためらいがあったが、父・博さんを通じて伝えられた佐々木監督の言葉が、進学の決め手になった。

 02年生まれだから、佐々木監督の現役時代は知らない。ただ名前を知ってからYouTubeの動画でプレーを見ると「すごい選手だった」というのは分かった。自分の好きなホークスの元選手だったことも縁を感じた。何より「自分の個性に合った指導を受けられる」というのが魅力だと思った。

【次のページ】 「屈辱」を「成長」に変える

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

××××
八方悠介(やかた・ゆうすけ)
【関連記事】
第5回 センバツの要注目は来田、中森らの6名!ではブレイク候補だったドラフト候補17名は?【センバツ2020】
第1114回 「甲子園に行く」という強い信念が成功をもたらした 八方悠介(鹿児島城西)【後編】 【2020年インタビュー】
第1113回 県内でも指折りのプレイヤー・末永悠翔(鹿児島玉龍) 2つの怪我を乗り越えて【後編】 【2020年インタビュー】
第1112回 投打で鹿児島屈指の実力者 末永悠翔が鹿児島玉龍を選んだ理由とは【前編】 【2020年インタビュー】
第1010回 「勝たなきゃ」より素直な「勝ちたい」気持ちを引き出す 鹿児島城西【後編】【野球部訪問】
第1009回 「まだまだ」のチームが射止めた甲子園出場 鹿児島城西(鹿児島)【前編】【野球部訪問】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第1006回 「夢のままで終わらせず、現実に!」福重 圭誇(尚志館)【後編】 【2019年インタビュー】
第571回 田浦文丸(秀岳館)「必然の活躍を生むチェンジアップと冷静なマウンド捌き」 【2017年インタビュー】
小峯 新陸(鹿児島城西) 【選手名鑑】
鹿児島玉龍 【高校別データ】
鹿児島城西 【高校別データ】
秀岳館 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー