目次

[1]強豪校を苦しめた隼瀬のストレートの原点は2人の大投手
[2]オーストラリア遠征などを経て強くなったプロへの思い

 21世紀枠の近畿地区候補に選出され、第69回大会以来となる33年ぶりの甲子園出場に期待がかかる伊香。秋の滋賀大会4強の立役者となったのがエースの隼瀬 一樹(2年)だ。初戦の滋賀学園戦で完封勝利を飾ると、準決勝の近江戦では惜しくも敗れたが、延長11回途中まで無失点の好投を見せた。その評判は近畿内に知れ渡っており、強豪校指導者からも「ええ投手です」と絶賛の声が飛ぶ。

 センバツに選出されることになれば、大会注目の好投手としてピックアップされることだろう。前回に続き、今回は隼瀬投手の強みや、選抜への想いを伺いました。

投球練習やインタビューの様子の動画はこちら!


前編はこちらから!
21世紀枠候補校屈指の右腕・隼瀬一樹(伊香)の進化のきっかけは練習試合観戦【前編】

強豪校を苦しめた隼瀬のストレートの原点は2人の大投手



隼瀬一樹(伊香)

 新チーム結成当初の目標だった近畿大会出場はならなかったが、幸いなことに21世紀枠でセンバツ出場のチャンスを得た。チームとしては選ばれる前提で練習を続けており、隼瀬も秋以上の投球を目指している。その中で理想の投手像として挙げているのが吉田 輝星(日本ハム)と江川 卓(元巨人)だ。

 「ストレートのキレを求めつつ、スピードもどんどん上げていきたいです。吉田選手のように高めのストレートを振らせて三振の山を築き、江川さんのような球速じゃなくてキレで速く見えるようなピッチャーになりたいです」

 隼瀬のボールの持ち味はノビのあるストレートだ。球速は140キロ前後だが、初速と終速の差が少なく、ストレートで空振りを取れるのを強みとしている。理想とする江川も、吉田も、伸びのあるストレートを持ち味にするだけに隼瀬の投手スタイルに合致した目標像だといえる。

 小島監督は隼瀬の調子を示すバロメーターについて、「ボールにどう空振りしているか、バットに当てられた時にフライアウトにしているかを見ています」と話す。ノビが良ければ、ボールの下を振ることが多くなるからだ。

 現代では140キロ以上の速球を投げる高校生投手は数多くおり、強豪校の打者にとってはあまり脅威に感じなくなってきている。だからこそ球速以上に質の高いストレートを目指してトレーニングを続けている。

 昨年末には滋賀選抜に選出され、オーストラリア遠征を経験。秋季大会で対戦したライバル校の選手たちと寝食を共にしたことで、「みんな考えていることも凄いですし、刺激をもらえました。もっと頑張ってこのメンバーを倒して甲子園に行きたいなと思いました」とより甲子園への想いが強まった。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。