目次

[1]なぜ旭川から大阪桐蔭に接点を持つようになったのか?
[2]高校で直球を磨く重要性を痛感

 全国各地から逸材が多く集まる大阪桐蔭。ポテンシャルの高さではこの世代どころか、歴代の大阪桐蔭の選手の中でもトップクラスの素質を秘めたのが1年生左腕・松浦 慶斗だ。186センチ84キロと恵まれた体格から最速146キロのストレートを投げ込む。2021年の世代を代表する左腕になりうる松浦の軌跡を振り返っていきたい。


なぜ旭川から大阪桐蔭に接点を持つようになったのか?


 松浦が野球を始めたのが小学校1年生から。もともと宮城県の石巻市出身の松浦は親の転勤の都合で、北海道の旭川市に引っ越し。小学校5年から投手をはじめ、小学校6年には北海道日本ハムファイターズジュニアのセレクションを受ける。このセレクションは3回あり、まず一次試験では1000人から150人に絞り込み、二次試験では150人から30人程度まで絞り込み、最終試験では30人で紅白戦を行い、18人を選ぶという狭き門を潜り抜け、松浦は北海道日本ハムジュニアに選出され、2015年のNPBジュニアトーナメントに出場する。

  ちなみに松浦は古谷 優人江陵-福岡ソフトバンク)がいとこ。高校時代から150キロを超える速球を目の当たりにしていた松浦は「直接は教えてもらっていませんが、古谷さんのようなストレートは投げたいと憧れを持っていました」と振り返る。

 そして中学では自宅から自転車で通える旭川大雪ボーイズに入団。冬になると、グラウンドが使えない。その中で、雨天練習場や体育館を借りながら練習を積んだ。
「人工芝が使えるところではピッチング、バッティングの実技。使えないところでは、ひたすらトレーニングをして体を鍛えていました」

 そこでもエースと主軸打者を務め、チームの柱として活躍。中学1年には身長170センチだったが、中学3年には185センチまで伸び、ストレートの球速は120キロ程度から138キロまでスピードアップ。その球速アップは体の成長だけではなく、旭川大雪ボーイズに投手専門のコーチから投球フォーム、感覚などあらゆるところまで教わったことで、大きく伸びた。旭川出身の松浦が大阪桐蔭と接点を持つようになったのか。

 それは昨年8月に行われたボーイズの全国大会でベスト8に進出したことがきっかけだった。ここでの活躍が大阪桐蔭の関係者の目に留まり、またU-15代表の池田 陵真(忠岡ボーイズ)からも「一緒に大阪桐蔭で野球しよう」と誘われた。そして松浦はさらにうまくなりたい思いがあった。

「北海道では物足りないというわけではないのですがうまい人と一緒にプレーして自分を高めたかったからです」
 強い上昇意欲をもって大阪桐蔭への入学を決める。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。