目次

[1]同郷の先輩東浜巨らと自主トレ
[2]エース候補になるも、夏まで未登板。悔しさを晴らした最後の夏

 昨年ファームで4勝し、一軍で15試合に登板。9月の千葉ロッテ戦では、延長10回に登板しプロ初勝利と初のお立ち台に登った國場翼(具志川ー第一工業大学ー埼玉西武ライオンズ)。チームの勝利に貢献するためには、どんな場面でもマウンドに立つことを厭わない。1月のうるま市。自主トレに励む國場投手に話を伺ってきた。

同郷の先輩東浜巨らと自主トレ


 快晴となったうるま市上空。10時前に続々と選手たちが集まってきた。埼玉西武ライオンズ國場翼と、與座 海人沖縄尚学出身)、そして福岡ソフトバンクホークスの東浜 巨沖縄尚学出身)。地元の沖縄電力から都市対抗を目指す山城 悠輔沖縄尚学-九州共立大)や、比嘉 大智(宮古高校-栃木ゴールデンブレーブス)らも参加した。

 まず選手たちは10時前までみっちりストレッチをすると、外野に移動してアップを開始。股関節を中心に、一つ一つの動きに無駄がない。全ての動作に意味があって行われるプロの練習こそ、中学生や高校生たちに見てもらいたいものだ。

 次にライトポールからレフトポールのフェンス際をダッシュ。最後の10本目は、レフトポールからライトポールを直線で結んでのダッシュで締めた。

 その5分後にキャッチボール。それが終わると、さらにその5分後に全員がマウンドに上がってピッチングを開始した。その一人一人に、東浜からアドバイスが出る。「こうやって投げると開いてしまうよ。」主に身体の使い方だが、これがピンポイント。だからこそみんな東浜の元に集まるし、東浜も沖縄の後輩たちのために全てを伝えていく。

 ピッチングが終わり暫く立って内野でのノック。締めは外野でのアメリカンノック。凝縮された自主トレを終えたばかりの國場。疲れを見せずに、高校野球ドットコム読者のため、インタビューに応じてくれた。