第1102回 けがで秋、春は未登板。プロへいく道を切り開いた最後の夏 埼玉西武ライオンズ・國場 翼(具志川出身)【前編】2020年01月21日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]同郷の先輩東浜巨らと自主トレ
[2]エース候補になるも、夏まで未登板。悔しさを晴らした最後の夏

 昨年ファームで4勝し、一軍で15試合に登板。9月の千葉ロッテ戦では、延長10回に登板しプロ初勝利と初のお立ち台に登った國場翼(具志川ー第一工業大学ー埼玉西武ライオンズ)。チームの勝利に貢献するためには、どんな場面でもマウンドに立つことを厭わない。1月のうるま市。自主トレに励む國場投手に話を伺ってきた。

同郷の先輩東浜巨らと自主トレ



同郷の先輩東浜巨らとうるま市で自主トレを行う國場

 快晴となったうるま市上空。10時前に続々と選手たちが集まってきた。埼玉西武ライオンズ國場翼と、與座 海人沖縄尚学出身)、そして福岡ソフトバンクホークスの東浜 巨沖縄尚学出身)。地元の沖縄電力から都市対抗を目指す山城 悠輔沖縄尚学-九州共立大)や、比嘉 大智(宮古高校-栃木ゴールデンブレーブス)らも参加した。

 まず選手たちは10時前までみっちりストレッチをすると、外野に移動してアップを開始。股関節を中心に、一つ一つの動きに無駄がない。全ての動作に意味があって行われるプロの練習こそ、中学生や高校生たちに見てもらいたいものだ。

 次にライトポールからレフトポールのフェンス際をダッシュ。最後の10本目は、レフトポールからライトポールを直線で結んでのダッシュで締めた。

 その5分後にキャッチボール。それが終わると、さらにその5分後に全員がマウンドに上がってピッチングを開始した。その一人一人に、東浜からアドバイスが出る。「こうやって投げると開いてしまうよ。」主に身体の使い方だが、これがピンポイント。だからこそみんな東浜の元に集まるし、東浜も沖縄の後輩たちのために全てを伝えていく。

 ピッチングが終わり暫く立って内野でのノック。締めは外野でのアメリカンノック。凝縮された自主トレを終えたばかりの國場。疲れを見せずに、高校野球ドットコム読者のため、インタビューに応じてくれた。

【次のページ】 エース候補になるも、夏まで未登板。悔しさを晴らした最後の夏

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

××××
國場 翼(こくば・つばさ)
埼玉西武ライオンズ
  • 経歴:具志川ー第一工業大学ー埼玉西武ライオンズ(2015年ドラフト8位)
  • ポジション:投手
  • 投打:右投左打
  • 身長体重:181cm/83kg
  • 生年月日:1993年12月5日
【関連記事】
第1134回 球界屈指の「ユーティリティ型スラッガー」外崎修汰を誕生させた、攻守における意識の持ち方 【2020年インタビュー】
第1005回 投打に充実の沖縄尚学がいるAブロック、具志川や未来沖縄らがひしめくBブロック!【春季沖縄県大会展望・前編】【大会展望・総括コラム】
第1112回 上間永遠(徳島インディゴソックスー埼玉西武)のNPB入りのきっかけは巨人三軍戦 【2020年インタビュー】
第1103回 埼玉西武期待の若手右腕・國場翼(具志川高校出身)が振り返るプロ初勝利。そしてプロに進んで気づいた投手として大事なこと【後編】 【2020年インタビュー】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第11回 「沖縄全体で強くなっていこう」という、指導者たちの強い意志【沖縄の高校野球】
第986回 【秋季沖縄県大会】沖縄尚学が投打で力を発揮しつつも、波乱を起こす新星が現れた沖縄の秋【大会展望・総括コラム】
第7回 「打のチームとしての伝統を受け継いで欲しい」スポーツライター・小関順二さんが埼玉西武ライオンズのドラフトを予想!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第1056回 府内屈指の右腕を日本代表入りの怪腕にさせたドラ1先輩のアドバイス 吉田大喜(日本体育大学) 【2019年インタビュー】
第1057回 高校時代は藤平・石川に隠れる存在だった北山比呂(日本体育大学)はいかにしてプロ注目右腕になったのか? 【2019年インタビュー】
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座
比嘉 大智(沖縄尚学) 【選手名鑑】
東浜 巨(沖縄尚学) 【選手名鑑】
山城 悠輔(沖縄尚学) 【選手名鑑】
具志川 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー