第1095回 社会人野球を代表するホームランアーチスト・今川優馬(JFE東日本)「信念を貫いた結果が社会人野球の舞台で開花する」vol.32020年01月07日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]社会人野球でさらに打撃が進化
[2]社会人2年目は打撃スタイルすべて取るつもりで

社会人2年目は打撃スタイルすべて取るつもりで



笑顔を見せる今川優馬(JFE東日本)

 初めて迎えた都市対抗は最高の気分だったと興奮気味に語る。
 「まずあれほどの大観衆の中で試合をして応援してもらうのは僕にとっては初めての経験で、本当に楽しかったですね」

 そして準決勝では東芝の宮川哲(埼玉西武ドラフト1位 東海大山形出身)から本塁打を放ち、勝利に貢献した。
 「打った瞬間、最高でしたね。あの瞬間が大会通じて最高でした」

 決勝戦にも勝利し、1年目から都市対抗優勝を果たした。
 「あまり実感はなかったです。もっと試合をしたかったですね。あんな大観衆の中、応援してもらって試合に勝てて、最高の1か月だったので。大会が終わって、もう終わりという感じですね」

 この1年の全国の舞台での活躍が認められ、今川は社会人ベストナインを受賞した。しかし今川は1年目のパフォーマンスには満足していない。
 「公式戦の3本塁打という数字は満足していないですし、もっと打てたと思います。1年目は打撃フォームで試行錯誤して調子を落としたこともあって、ふがいないシーズンだったと思います」

 それでも公式戦打率.349、3本塁打、14打点。オープン戦を含めると年間16本塁打はやはり社会人若手選手の中でもずば抜けた数字だろう。

 今川の野球人生を振り返ると、いろいろと苦労があった。そんな今川の座右の銘は「雨垂れ石を穿つ」。苦しい中でも、自分の信念を曲げず、努力を継続した結果、技術的にも精神的にも強い選手へ成長した。

 そして2年目へ向けて今川は
 「公式戦10本塁打。打撃タイトルはすべて獲るつもりでやっていきたいです」

 規格外の数字を残し、ずっと目標にしていたプロの世界を切り開く。

(取材=河嶋 宗一

関連記事はこちらから!
連載 2020年インタビュー
vol.1を読む⇒社会人野球を代表するホームランアーチスト・今川優馬(JFE東日本)「高校通算は2本塁打。レギュラーを必死に目指した3年間」
vol.2を読む⇒社会人野球を代表するホームランアーチスト・今川優馬(JFE東日本)「監督に打撃スタイルを否定されても、自分の信念は曲げなかった」

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

今川優馬(JFE東日本)
今川優馬
  • JFE東日本
  • ポジション:外野手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:176センチ83キロ
  •  
【関連記事】
第1094回 社会人野球を代表するホームランアーチスト・今川優馬(JFE東日本)「監督に打撃スタイルを否定されても、自分の信念は曲げなかった」vol2 【2020年インタビュー】
第1092回 社会人野球を代表するホームランアーチスト・今川優馬(JFE東日本)「高校通算は2本塁打。レギュラーを必死に目指した3年間」vol1 【2020年インタビュー】
第964回 憧れの先輩に追いつき、そして憧れる強打の二塁手へ 宮本涼太(大阪桐蔭)【後編】 【2019年インタビュー】
第898回 徳島の城島健司を目指して!チームを勝たせられる捕手を目指す!川端晃希 vol.3 【2019年インタビュー】
第896回 ハイレベルの環境が磨き上げた技術!川端晃希が大阪桐蔭で吸収した捕手理論 vol.2 【2019年インタビュー】
第148回 東京六大学で活躍を見せる大阪桐蔭OBたち【ドラフト特集コラム】
第73回 大阪桐蔭(大阪)編「2000年代史上最強の超強豪校・大阪桐蔭のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第7回 アマチュア野球に進んだ昨年の18U日本代表の現在は?【2015年 第27回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第27回 東海大相模(神奈川)編「菅野、大田、一二三...プロ入り選手を多く輩出する東海大相模のつながり!」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第14回 大阪桐蔭(大阪)編2「大阪桐蔭の強さは一度の負けを糧にできること」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
今川 優馬(東海大四) 【選手名鑑】
岡田 耕太(敦賀気比) 【選手名鑑】
平山 快(東海大相模) 【選手名鑑】
峯本 匠(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー