目次

[1]自分の特性にあったフォーム、変化球で勝負し、飛躍につなげる
[2]目指すは世代ナンバーワン投手

 2020年度を代表する剛腕・高橋宏斗。184センチの長身から投げ込む速球は最速148キロ。ツーシーム、チェンジアップ、スライダー、カーブを武器に東海大会、明治神宮大会優勝を果たし、大きく評価を上げた。そんな高橋の歩みを中心に前編では話を聞いてきた。

 後編の今回は投球術から話を広げていき、神宮大会での戦い。そして最後に高校野球ラストイヤーへの意気込みを伺った。

動画はこちら!


前編はこちらから!
小柄な2番ショートが4年間で146キロ右腕になるまで 高橋宏斗(中京大中京)【前編】

自分の特性にあったフォーム、変化球で勝負し、飛躍につなげる



ツーシームの握りを見せる高橋宏斗(中京大中京)
 

 また、2年秋の県大会から新変化球を習得した。それが現在の決め球であるツーシームである。

 高橋のツーシームはフォークのように落ちるが、実際に握りを見せてもらうと、確かに挟んでいる。挟んでいながらツーシームにしている理由とは何か。

 「まず投げるイメージとしては真っすぐと同じ腕の振りで投げることです。挟んでいるものをフォークといわない理由は、フォークというと落とさないといけない概念があるじゃないですか。ツーシームと意識することで、腕が振れますし、落ちなくても少し沈んでバットの芯を外して内野ゴロを打たせていければ、大きいと考えています」

 またストレートも縫い目を深く握って投げている。
 「自分の場合はこの握りのほうが球威もあって、勢いのあるストレートを投げられます。シュート回転はするのですが、それも逆手にとって投げています」



神宮大会で好投を見せた高橋宏斗(中京大中京)

 高橋は自分の長所も欠点も理解しながら、それを武器しながら投げている。また高橋源一郎監督は高橋の投球フォームの課題についてこう言及していた。
 「まだ打たれる試合を見ると、力んでバランスを崩し 角度がないフォームになる。しっかりと体重が乗って、腕が上から振れるときは良いボールが投げられるのですが、体重が前に乗らず、力んで横振りになると、下半身が粘れないので、指先に伝わる力が弱いですでロングを打たれる傾向があります」

 高橋の投球フォームを横から見ると、前傾がしやすくなり、角度がなくなり直線的なフォームになる。この話を高橋について話すとこう語ってくれた。
 「確かに課題ではあるのですが、自分にとって前傾する動きが最も力が伝わる動きなのかなと思っています。投球フォームについては自分の力を最大限に発揮できるフォームを模索中です」

 高橋は投球フォームの微調整を重ね、成長を見せてきた。東海大会ではバランスを崩し、防御率4点台に終わったが、明治神宮大会開幕までの2週間はもう一度投球フォームを見直し、明治神宮大会に臨んだ。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。