第908回 「完膚なきまでの敗北」から見せた異国の地での成長 秋山恭平(筑後サザンホークス)2019年02月14日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]キューバ戦から学んだ「低め」への厳しい攻め
[2]U18日本代表として、もう一度海外の選手と対戦したい


 中学野球のトップレベルの選手が集まるU-15侍JAPAN。「WBSC U-15 ワールドカップ」では惜しくも4位という結果にだったが、中学野球のトップチームに相応しいプレーを各選手が披露した。

 その中で3試合で先発を任され、大きなインパクトを残したのが筑後サザンホークスの秋山恭平投手だ。キレのある直球と変化球を武器に、「WBSC U-15 ワールドカップ」では先発の柱として活躍し、南アフリカ戦では3イニングで10奪三振を奪う珍記録を打ち立てた。
 今回は、そんな秋山投手にインタビューを行い、U-15ワールドカップで得たものや課題、そして高校野球への意気込みを伺った。

キューバ戦から学んだ「低め」への厳しい攻め



秋山恭平(筑後サザンホークス)

 屈強な体格の選手が揃うU-15日本代表選手の中で、秋山は身長165センチ、体重56キと体格にそれほど恵まれているわけではなかった。投手陣の中でも最速が140キロに達する投手が軒並み揃う中で、秋山投手の最速は133キロとこれまたインパクトのある数字ではない。

 それでも秋山投手は、「WBSC U-15 ワールドカップ」に向けた強化合宿の時から大きな存在感を放っていた。なぜなら秋山投手には、体格や球威を補って余りあるほどの「キレ」と「コントロール」という武器があるからだ。

 「自分の一番の持ち味は、球のキレとコントロールです。球種は、真っ直ぐ、スライダー、カーブ、チェンジアップを投げていて、一番自信があるのはチェンジアップですね」

 秋山投手は「WBSC U-15 ワールドカップ」では3試合で先発を任され、南アフリカ戦では「3イニング10奪三振」という珍記録も残したが、この大会で猛威を奮ったのもチェンジアップだった。

 「南アフリカは初球からはあまり振ってこなかったので、初球からストライクで勝負することが出来ました。三振はあまり意識してませんでしたが、結果的に変化球で三振もたくさん取れたので、そこは良かったです」

 華々しい投球を見せた秋山投手だったが、実は秋山投手にとって南アフリカ戦はリターンマッチと言える試合であった。南アフリカ戦での快投の二日前、秋山投手はキューバ戦の先発を任された。満を持して登ったマウンドだったが、初回から甘い球を痛打され続け、2回途中6失点で降板。
 「次こそ結果を残さないといけない」という、背水の陣で臨んだ中での快投だった。

 「海外の選手とは、パワーやスイングスピードの部分で力の差を感じました。高めが強くて甘いコースに行ったら打たれるので、低め中心に厳しく攻めないといけないと感じました。抑えることが出来て良かったです」

【次のページ】 U18日本代表として、もう一度海外の選手と対戦したい

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

秋山恭平
秋山 恭平(あきやま・きょうへい)
  • ポジション:投手
  • 身長体重:165センチ56キロ
  • タイプ:左投左打
  • 筑後サザンホークス
【関連記事】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第66回 史上初の二度目の春夏連覇を導いた西谷監督が語る大阪桐蔭に必要な2つのマインドから見える一流選手になる条件【名将たちの言葉】
第1102回 目指せ世代ナンバーワン左腕&辻内崇伸超え!大型左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)の育成計画【後編】 【2020年インタビュー】
第1101回 最速146キロの大型左腕・松浦慶斗はなぜ旭川を飛び出して大阪桐蔭を選んだのか?【前編】 【2020年インタビュー】
第992回 2020年の広島は広島新庄、広陵の二強で形成!ダークホースになりうるのは?【大会展望・総括コラム】
第1100回 伸び盛りの二刀流・仲三河優太(大阪桐蔭)が目指すは投打での大活躍! 【2020年インタビュー】
第1100回 大阪桐蔭の左腕エースでは田中誠也以来の実力派・藤江星河を覚醒させた「内角攻め」と「チェンジアップ」 【2020年インタビュー】
第72回 「気持ちの強さ、フォーム、腕の振り、全てで他の選手より優れていた」恩師が語る山本拓実(中日ドラゴンズ)【前編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
大阪桐蔭 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー