目次

[1]サッカー少年が野球少年へ
[2]九州学院進学も兄のアドバイスから/高校3年間では先を見据えた指導で期待通りに成長

 またも埼玉西武に楽しみな遊撃手が入った。その名は川野 涼多。全国に数多くいる好ショートの中でもポテンシャルの高さはトップクラス。さらにスイッチヒッターということで、ほかの選手にはない特異性を持っている。

 そんな川野について両打ちのショートで超一流の活躍を見せた「松井稼頭央」タイプとして期待をかけられている川野の野球人生の歩みを紹介していきたい。

サッカー少年が野球少年へ


 まさにセンスの塊だ。右打席、左打席関係なく無駄のないスイング軌道で広角に打ち分けるバットコントロールの高さは絶品で、さらに守備範囲の広さがとにかく広く、次々とアウトを演出する華麗な遊撃守備、トップスピードに乗れば一気に二塁、三塁に到達するベースランニングが魅力の川野。

 そんな川野の身体能力は幼少期から形作られた。野球を始めたのは4年生から。それまでいろいろなスポーツに励んでおり、当時から走ることに自信があり、駅伝大会の補欠選手としてエントリーされていた経験がある。そして野球を始める前に取り組んでいたのがサッカー。

 「周りの友達がサッカーをほとんどやっていたので、その影響でサッカーをやっていました」

 ポジションはフォワード。サッカーでも存在感を示していたのだ。そんなサッカー少年の川野に野球を進めたのが2歳上の海斗さん(現・熊本学園大)だった。

 「野球をやっているお兄さんから野球をやってみないかと誘われて実際にやってみたら面白いと思って始まりました」

 弟を野球の世界に誘い込んだ海斗さんはこう振り返る。

 「弟がサッカーをやっていたのは僕も野球よりも先にサッカーをやっていたんです。それに影響されて始めたのですが、サッカーでプレーする動きを見て、野球のほうがうまくなると思って、引っ張ってきました」

 そして託麻中では主に遊撃手。実はその時から松井稼頭央二軍監督に憧れがあった。

 「テレビで見て、『かっこいいなぁ...』と思っていて、1つ目標像に置いていました。動画サイトを見て、いろいろ参考にしていましたね」

 自慢の守備についていろいろ考えながら磨いていった。

 「足の速さと守備範囲の広さには中学生の時から自信がありました。守備についてはボールの上り際を狙っています。なぜかというと、ショートバウンドに入るタイミングで捕球したほうが送球も早く入ることができるからです。だからシングルキャッチなど捕球しやすい形は中学生の時から取り組んでいました」

 その守備はひたすらノックを受けることで磨き続けた。そうするとほかの選手よりは多く捕球できる、ほかのショートでは捕れない打球も捕球できるようになった実感があった。海斗さんも中学3年生になった弟の凄さを感じるようになる。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。