目次

[1]読みの鋭さと高い打撃技術から生まれる高度なパフォーマンス
[2]大久保監督から教えを受けた「大局観」をもってリードするということ

 19年ぶり4度目の優勝を決めた慶應義塾大。優勝の原動力となったのは、主将で正捕手となった郡司 裕也だ。

 中日から4位指名を受け、卒業後はプロ野球選手として歩む郡司の最大の武器は何か。活躍を振り返りながら郡司の魅力を伝えていく。

読みの鋭さと高い打撃技術から生まれる高度なパフォーマンス



郡司裕也

 神宮大会3試合で12打数4安打7打点。今大会の活躍のインパクト度、実力はドラフト上位級だった。

  打者としては東京六大学では91試合に出場し、11本塁打、56打点、94安打、打率.297。この秋は三冠王を達成した。そして、三度のリーグ優勝を経験。さらには日米大学野球では2本塁打を記録している。それも右中間へ本塁打を放っている。

 それをもたらしているのは。高い打撃技術と鋭い読みだ。まず郡司のとらえるポイントは捕手寄りで、呼び込みが上手く、外角、内角のどちらにも捌けて長打を打てる。それができるのは鋭い読みにある。決勝戦の本塁打は読み勝ちだった。

 郡司はこう語る。
 「僕に対しての配球を見て、外角が多く、インコースに来るかなと思ったんです。それがきたら捉えようと。外角中心の攻めになっていて、勝負球は内角かなと思っていました」

 その内角ストレートをドンピシャでとらえた打球は逆風の中でもスタンドイン。
 「感触は完ぺきでした。ただ風があったのでフライになるかもしれないと思って全力で走りました」

 最後の舞台で大仕事をやってのけた。さらに郡司の読みは冴えわたる。8回表のチャンスの場面。関西大もこれまで力投のエース・森 翔平(4年・鳥取商)から140キロを超える速球とスライダーを武器にする好右腕・肥後 皓介(4年・広陵)に代わった。
 「まず初対戦の投手でしたので、どんな投手なのかと思って、ボールを見ていくと、スライダーの切れが良い投手でした。追い込まれてからスライダーが続くだろうと思っていまして。そのスライダーを逆方向に打ち返すことをイメージしていました」

 郡司はそのスライダーに対してヘッドを残しながら、右前安打。貴重な2点適時打となった。この読みの鋭さこそが郡司の最大のウリだ。

 「僕の調子が良いときは読みがうまく当たっているときで、今シーズンはそれが続いていると思います」
 読みが当たっても、打てるものではない。決勝戦の本塁打、2点適時打も高度な打撃技術がなければ実現できないものだ。