目次

[1]自分のことよりみんなのことを優先する
[2]持っているもので試合をやるしかない

 この夏。東東京大会を沸かせた剛腕・赤坂 諒上野学園)。186センチ80キロと恵まれた体格から振り下ろす直球の最速は151キロ。さらに打線の軸でもある赤塚は投打でチームを牽引し、投手として全6試合に登板し、46回を投げ、10失点の力投を見せ、創部初の4強に導いた。そんな赤坂のルーツや、自身の技術論、注目を浴びた最後の夏の舞台裏を振り返る。


自分のことよりみんなのことを優先する


 小学校2年生の時に友達に誘われて、野球を始めた赤坂は、中学では元ロッテの上野 大樹帝京出身)など強豪校で活躍する選手を多く輩出する軟式野球クラブの名門・足立ブラックキラーズでプレー。赤坂は中学時代までは軟式野球でプレー。中学時代は外野手がメインだった。
 「中学では人数が多くて、ピッチャーも沢山いたので大事な試合では外野を守っていました」

 自身の投手としての能力について「ストレートがメインで、変化球が投げられなかった」と振り返る赤坂。赤塚を見出した上野学園の小川 貴智監督も、「ストレート一辺倒の投手で、崩れると一気に崩れました」と評する。

 上野学園に進むきっかけとしてブラックキラーズの仲間の存在があった。
 「同じチームから4人上野学園に進学することになって、できるだけ知り合いのいるチームに行きたかったので決めました」
 赤坂自身、「自分は友達が好きで、自分のことよりみんなのことを優先するんです。だから自分のことよりも、みんなの結果が良ければと思っている」と語る。

 高校から硬式を始める投手の活躍の分岐点は硬式に対応できるか。赤坂の場合、すぐにアジャストした。
 「変化球が曲がりやすくなって、プラスしかなかった」と語る。

 そんな赤坂が高校で覚えた変化球が夏の快投に繋がったスライダーだ。
 「腕が横から出てしまうのですが、ボールの横半分を握って切るように投げます。これで投げられるようになりましたが、実は中学時代のカーブの握り方で、高校3年生の春になって投げられるようになりました」

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。