目次

[1]飛躍を迎えた2年生の秋
[2]千賀滉大のような投手を目指して

 最速147キロのストレートに落差の鋭いフォークを武器に東京の高校野球を牽引した岩倉宮里 優吾。今後のステージでの活躍が期待される剛腕に、高校野球3年間を振り返ってもらった。

 後編では高校野球ラストイヤーを中心に話を聞いてみた。


前編はこちらから!
宮里優吾(岩倉)最速147キロの剛腕は下積みを重ね、飛躍の瞬間を待ち続けた【前編】

飛躍を迎えた2年生の秋


 2年生の夏は初戦の修徳に敗れ、早々に新チームが始まった岩倉。その中でエースという立場になっていった宮里。責任と自覚が大きくなったことで、同じ投手陣の中で誰よりも練習に取り組み、周りからの信頼を勝ち取ることを大事にしてきた。

 そして迎えた秋、岩倉はベスト8進出。春のシード権を確保し、大きく躍進する大会となった。宮里もエースとしてチームを牽引してきたが、そのなかで最も大きかったのがフォークボールを使えるようになったことだった。

 「1年生の秋からも使っていましたが、今ほどの落差やスピードはなかったんですし、抜けてしまうこともありました。ですので、リストの強化を2年生の夏の大会前からやって強化してきましたが、それで抜けてしまうことがなくなりました」

 このフォークのポイントは「真っすぐと同じ軌道で落としたいので、抜くというよりも腕をしっかりと振り切ること」だと宮里は語る。しかし、豊田浩之監督はより明確に分析してくれた。

 「2年生の秋ごろに牽制が早くなったんです。当時の宮里は左足を踏み出した時、右腕を下ろしたままだったんです。それだと腕が遅れて出てしまうので、ボールが抜けてしまうんです。そこで腕を回すようにしてトップを作るようにしました。そうしたら腕を上から叩けるようになりました」



宮里優吾(岩倉)

 こうしたフォームの微妙な変化を続け、フォークが伝家の宝刀にまで昇華した。宮里はこの武器を擁して秋を投げ抜いた。
 「一番ポイントになった大会ですかね。フォークが通用するとわかりましたし。ただ東海大菅生戦では、点数を取られるときは甘いボールを打たれたので、そういったチームが上位行くチームなんだと思いました」

 こうして宮里はベスト8で秋を終えたが、その後は12月からのキューバ遠征に行く東京選抜に選出された。「遠征があることを知ってから選ばれたかったので、嬉しかった」という遠征で海外の強打者に向かって確かな手ごたえと課題を見つけてきた。

 「フォークで空振りを取れたので通じると思いましたが、浮いてしまうと打たれました。なので、決めに行く時こそコントロールが大事だと思いました。それとストレート。どうやったらスピードが上がるのか。話を聞いたりしましたが、谷(幸之助)のボールは重かったので聞いてみました」

 豊田監督も「良い投手はストレートが低めのストレートが決まりますが、宮里はそういうのがない。低めに決まっても質が悪い」と言うようにストレートを課題に挙げている。宮里もそれを理解したうえで、オフシーズンはストレートのレベルアップをテーマに過ごしていた。そのきっかけになったのが谷の教えだったのだ。