第1075回 ホームランだけではなく、勝利のために局面に応じた打撃を 渡邉 翔大(昌平)【後編】2019年11月04日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】

[1]渡邉が明かす打撃改造
[2]ホームランではなく、チームのための一打を

 2年秋の県大会前に高校通算35本塁打を放っているスラッガー・渡邉 翔大。さらなるレベルアップへ向けて、打撃改造を行っていることを明かした。

前編はこちらから!
鮮烈デビューから1年。埼玉を代表するスラッガー・渡邉 翔大(昌平)が目指す道【前編】

渡邉が明かす打撃改造



渡邉 翔大(昌平)

――打撃フォームを固める最中の渡邉選手に動作の解説を交えながら語っていただきたいと思います。まず、タイミングの取り方を課題にしていると話していただきましたが、どういうところを意識していますか?

渡邉 正直、タイミングについて今でも試行錯誤をしているんですけど、右足を「の」の字を描くようにタイミングを取っています。

――その足の挙げ方に行きついたきっかけは何でしょうか。

渡邉 自分は「の」の字で試したことがなくて、ずっと引き足だったり、足を上げたりだったんですけど、それでもなかなかつかみきれなかったんです。

――以前の足の挙げ方だと、何がうまくできなかったですか?

渡邉 単純に感覚が合わなかったですね。悪くはないんですけど、確率が上がらなかったですね。高い確率を求める中で、「の」の字でタイミングを取ることも試してみようと思いました。

――実際に行ってみていかがでしょうか。

渡邉 今はいいですね。タイミングが合わせられやすいですね。

――技術的なことだと、「の」の字に合わせることで低めに合わせられやすいというのはあるのでしょうか

渡邉 自分の場合、この打ち方だと「間」を長く持てるので、ボールが良く見えるので、プラスになることが多いですね。

――そうなると渡邉選手はタイミングを取るうえで、足の使い方を重要視していることが良くわかりました。

渡邉 そうですね。自分は足で取るタイプですね。手でタイミングを取る方もいると思うんですけど、自分は足の動きから合わせるタイプだと思います。

――そうなると理想的な打ち方にするために渡邉選手は自分の打撃フォームを撮影をしてもらうことはありますか。

渡邉 撮ってもらっています。マネージャーから撮ってもらいますし、撮影してもらったものを自分の携帯に送ってもらうこともありますね。

――そういう意味では取材日のシート打撃ではプロ志望届を提出した米山 魁乙(3年)投手から二塁打を打ちました。振り返っていかがですか。

渡邉 米山さんのボールは怖いんですけど、4球みた後からなので、打たないといけないと思います。
 振り返ると、内側のボールが低めにきたのですが、それをしっかりと振り抜けたのは良かったと思います。

【次のページ】 ホームランではなく、チームのための一打を

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

渡邉 翔大(昌平)
渡邉 翔大
  • 昌平
  • ポジション:外野手
  • タイプ:右投左打
  • 身長体重:177センチ78キロ
  •  
【関連記事】
第1090回 高校1年秋の時点で通算21本塁打。大型外野手・吉野創士(昌平)の完成形は鈴木誠也だ 【2019年インタビュー】
第1074回 鮮烈デビューから1年。埼玉を代表するスラッガー・渡邉 翔大(昌平)が目指す道【前編】 【2019年インタビュー】
第1044回 埼玉ナンバーワン左腕・米山魁乙(昌平)が勝てる投手になるために取り組んだこと 【2019年インタビュー】
第223回 森木、笹倉、徳丸など地方大会で躍動した23名のスーパー1年生たち【ドラフト特集コラム】
第937回 【埼玉大会総括】花咲徳栄5連覇達成!2019年夏を熱くした埼玉の強豪たち【大会展望・総括コラム】
第215回 【逸材レポート】米山魁乙(昌平)「まだ底が見えない埼玉ナンバーワンサウスポー」【ドラフト特集コラム】
第641回 若いチームを3年生が引っ張る!昌平の上級生は何が凄い!?昌平(埼玉)【後編】【野球部訪問】
第640回 知識と技術の引き出しを増やし、黒坂流で悲願の甲子園を目指す!昌平(埼玉)【前編】【野球部訪問】
第1005回 キーワードは「立ち・フリック・タイミング」!米山魁乙(昌平)は切れ味を武器に全国の扉をこじ開ける!【後編】 【2019年インタビュー】
第1004回 どんな課題にも真摯に向き合う、真っすぐな投手 米山魁乙(昌平)【前編】 【2019年インタビュー】
米山 魁乙(昌平) 【選手名鑑】
昌平 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー