目次

[1]プロ入りした先輩・今井に憧れ、中京へ
[2]フォームを突き詰め、自然と自己最速を更新できるピッチングをしたい

 今年の夏の甲子園でベスト4入りした中京学院大中京。阪神タイガースから指名を受けた藤田 健斗捕手を中心に投打ともに実力がある選手が揃っていたが、その中で2020年度のドラフト候補として期待したい選手がいる。それが元 謙太だ。

 東濃シニア時代から140キロを超える速球投手として評判だった元は中京学院大中京に進み、投打で高い能力を発揮し、中心選手へ成長した。今では主将としてチームを引っ張る元に来季にかける意気込みを聞いた。

プロ入りした先輩・今井に憧れ、中京へ


 小学校時代から中日ドラゴンズジュニア入りし、ジュニアトーナメントに出場するなど、岐阜県内では指折りの選手だった元。高校では県外で野球をやるつもりだった。
「特に中学1年生の時は大阪桐蔭でやりたいと思っていましたし、そのような選手になりたいと思いました」

 そんな元が地元の中京学院中京に進むきっかけとなったのは、2016年夏の甲子園に出場した中京学院中京の主力打者だった今井 順之助(北海道日本ハム)の存在だ。
「僕が所属していた東濃シニアの監督さんが順之助さんのお父さんだったんです。その関係で、甲子園で中京の試合を見たり、順之助さんから中京の環境などいろいろ話を聞いて中京に行きたいと思いました」

 元は今井とは仲が良く、中京の話だけではなく打撃も教わっていたという。もう1つ、中京学院大中京に進むきっかけとして元は森昌彦コーチの存在を挙げた。森コーチはもともと愛知・豊川の監督、コーチとして2014年、田中 空良(現・東邦ガス)を147キロ右腕に育て上げ、選抜ベスト4を経験。その指導力を評価され、中京学院大中京のコーチに就任していた。そんな森コーチの下で、投手としてレベルアップしたい思いがあったのだ。
「森コーチの存在は入学の決め手の1つとなりました。森コーチの教えはすべて取り入れているつもりです」

 入学後は森コーチの指導や1学年上のエース・不後 祐将の背中を見て学んできた。特に森コーチに教わったのは「準備」の大切さだ。
「森コーチからは『マウンドでは一人で立つものだから、だからこそ準備が大事だ』と言われ、イニング間でベンチに座っている姿勢や、2アウトからのキャッチボールの重要性を言われ続けてきました。今では当たり前のことかもしれませんが、入学した時の僕はそれさえもできていませんでした」

 また投手の鉄則として内外角に投げ分けることが原則になるが、そのために元は森コーチから「小手先で投げるのではなく、体をしっかりと使って投げることが大事と教わりました」
 さらに森コーチから決め球のカットボールを学び、ピッチングの幅を広げてきた。