第1069回 次世代の大型スラッガー・佐藤輝明(仁川学院-近畿大)の急成長にあった「右わき」を締めない意識【後編】2019年10月24日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】

[1]打撃の進化を呼び込んだ「右わき」の意識
[2]頭にあるのは「自分を高めること」のみ

 大学球界を代表する飛ばし屋スラッガーとして名を馳せる近畿大・佐藤輝明(3年)。来秋のドラフト1位候補にも挙がる逸材を直撃すべく、近畿大野球部グラウンドが位置する奈良県生駒市を訪ねた。

 前編では佐藤の野球人生にフォーカスしてきたが、後編ではこれまで培ってきた佐藤の技術論を本人に直接解説してもらった。

前編はこちらから!
柳田悠岐、糸井嘉男を凌ぐスケールを持つ、ホームランの求道者・佐藤輝明(仁川学院-近畿大)【前編】


打撃の進化を呼び込んだ「右わき」の意識



佐藤輝明

 「元々、飛距離に関しては自信があったけど、実際に入部してみたら、自分よりも飛ばす人はチームにいなかった。飛距離に関してはさらに自信を深めることができました」
 1年春からリーグ戦で11試合に出場し、規定打席をクリア(打率.270)した佐藤。1年秋にはリーグ戦初本塁打を含む2本塁打をマーク。打率.267、12打点を記録した。

 「大学1年くらいまでは他人のフォームを気にすることはなく、自分の感覚の中だけでよりよい打ち方を求めてきたのですが、大学1年の終わりごろから意識が変わり、動画サイトなどでいろんな選手の打撃をマメに見て、打撃フォームを研究するようになりました」

 動画を見る機会が多いのは、同じ左打ちのスラッガー、柳田悠岐(ソフトバンク)、筒香 嘉智(DeNA)、吉田 正尚(オリックス)や、ブライス・ハーパー(フィリーズ)を筆頭とするメジャーの選手だ。

 「誰かのフォームをド真似をするわけじゃなく、『今日はこの選手のこの部分のイメージを試してみよう』という採り入れ方です。実際にやってみて、感覚がよかったら残し、合わなそうなら捨てる。その繰り返しで今の自分のバッティングがある、という感じです」

 現在は「打撃練習でゴロを打たないことを強く意識している」と佐藤。

 「ソフトバンクの柳田選手が練習ではゴロではなく、フライを打つことを意識していると聞き、自分もやってみようと。今では練習時のゴロはかなり減りました」

 常々、スイングの際に、投手側の右わきを締めず、どちらかといえばわきを開けてスイングをしている印象があった。その点を佐藤に向けると「右わきをあけるという感覚はないですけど、締めないようにはしています。締めないようにしてから、ゴロが少なくなり、バッティングがよくなりました」という答えが返ってきた。



バッティング練習をする佐藤輝明

――「あえて」右わきを締めないようにしている。

佐藤 そうなんです。わきを締めると自分の場合はどうしてもゴロになりやすくなる。バットスイングの軌道をレベルからアッパーに出し、投球を線でとらえるためには「あえて締めない」という意識のほうが自分の場合はうまくいくんです。

――前のわきを締めないことで懐が広くなり、内角のさばきが楽になる感覚が生まれたりしますか?

佐藤 はい。内角のさばきは楽になりました。ライト線へのいい当たりが切れにくくなりましたしね。バットを以前よりもしっかり体の内側から出せるようなったので、バットを折る回数も激減しましたし、スイングがよくなったことで打つポイントも捕手寄りにすることが可能になり、三振が減り、フォアボールが増えました。1年生の時の打率2割台から3シーズン連続で3割をマーク出来た要因でもあったと思います。

――ゴロを打たない意識が呼び込んだ進化ですよね。面白い…。

 

佐藤 大学2年くらいから逆方向にホームランが打てるようになったのも、内側からバットがしっかり出るようになり、打ち方がよくなったからだと思っています。それまではホームランの大半はセンターからライト方向でしたから。

――左中間スタンドにも叩きこめるのが佐藤選手の大きな特長ですが、そういう時は逆方向を狙って打っているのでしょうか?

佐藤 いえ。方向はほとんど意識してないです。逆方向にホームランが打てた時もたまたまそっちへ飛んで行って入ったという感覚ですね。

――カウントを追い込まれるまでは、相手バッテリーの配球を読み、大胆にヤマを張ったりするタイプですか?

佐藤 ぼくは全くヤマは張らないです。ヤマを張った際に狙っていないボールが甘いコースにきて、対応できずに見逃さざるをえない状況になった時がすごく嫌なんです。もっとレベルが上がれば、今のやり方は通用しないのかも、と思うことはありますが、今は全ての球を打ちに行き、タイミングが合って打てそうなだと感じたらスイングを仕掛け、そうでなければ見逃す、というスタイルでやっていきたいと思っています。

【次のページ】 頭にあるのは「自分を高めること」のみ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

××××
佐藤 輝明(さとう・てるあき)
  • 近畿大
  • ポジション:外野手
  • タイプ:右投左打
  • 身長体重:187センチ92キロ
  •  
【関連記事】
第1069回 柳田悠岐、糸井嘉男を凌ぐスケールを持つ、ホームランの求道者・佐藤輝明(仁川学院-近畿大)【前編】 【2019年インタビュー】
第1032回 152キロの剛腕サイド・村西良太を覚醒させた「昼寝」と「巨人・畠からの金言アドバイス」 【2019年インタビュー】
第1024回 エースになれなかった中・高時代 転機となったサイドスロー 近畿大の152キロ右腕・村西良太【前編】 【2019年インタビュー】
第24回 勝利と育成の両立を可能にした「状況に応じた野球」の追求 西京ビックスターズ(京都)【前編】【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第195回 ポスト山川、柳田はこの中に!2019年・大学野球の主役は彼らだ!【ドラフト特集コラム】
近畿大vs東日本国際大【2018年 第49回明治神宮野球大会 大学の部】
近畿大vs筑波大【2018年 第49回明治神宮野球大会 大学の部】
第257回 東北楽天ゴールデンイーグルス 藤田 一也選手「常識を疑いながら鉄壁の守備を築き上げた独自の守備論」 【2015年インタビュー】
第18回 ブルータグ株式会社 南 啓介さん 【2008年インタビュー】
近大泉州 【高校別データ】
近大附 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー