第1056回 投手復帰2年目で叩き出した「左腕150キロ」園田 龍矢(伯和ビクトリーズ・投手)2019年10月17日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]甲子園では阪神タイガースに所属する「あの」選手と……
[2]突然の投手復帰と急成長、そして伯和ビクトリーズへ

突然の投手復帰と急成長、そして伯和ビクトリーズへ



園田 龍矢(関メディベースボール学院から移籍1年目・投手)

―― 今お話をされた通り球歴をたどってきた園田選手ですが、なぜ関メディベースボール学院で投手復帰することになったのですか?

園田  1年生の秋前(2017年)、学校の代表をされている井戸 伸年さん(元近鉄バファローズ)から「ちょっとピッチャーやってみろ」と言われたんです。最初はブルペンでの立ち投げ程度かな、と思ったら「思い切り放れ!」と指示があったので、そこで投げたら井戸さんが思っていた以上の球速が出ていたみたいで。そこから投手のチャンスを頂いて今がある形です。
 ただ、野手をしていても投手へのあこがれはずっともっていましたし、その時は同学年の近本 光司(現・阪神タイガース)がいた大阪ガスやパナソニックといった名門チームの野手を見て「実力の差が僕とはすごくある。特別長打を打てるわけでもなく、走力があるわけでもない僕はこのままではプロに入る希望がない」と心も落ちていたいたので。投手として光を当ててくれたことを本当にありがたく思っています。

―― ちなみにブルペンで投げた時の球速は?

園田 146キロでした。試合では最初のオープン戦登板・2017年9月19日、岡山市営球場での読売ジャイアンツ3軍との交流戦で指名打者で先発してから坂口 真規さん(引退)相手にワンポイントで投げて143キロ(ショートフライ)。この時はまだ自信が持てなかったんですが、翌年、大阪ガス相手の都市対抗近畿二次予選では公式戦のマウンドで146キロが出ました。

――ただ、2018年は「ドラフト隠し玉」にも名前があがっていましたが、指名はなし。卒業が控えている中、進路はどうしようと思いましたか?

園田  もちろん、プロに行きたい気持ちはありましたが昨年は縁がなかったので、企業チームを探しました。その中で伯和ビクトリーズの東 賢孝監督(現:総監督)に拾って頂いたんです。もし決まらなければ野球を辞めないといけないくらい押し迫っていたので「これでもう1回チャンスがある」とホッとしたのを覚えています。

伯和ビクトリーズでの刺激と学び活かし「チームを勝たせる」リリーバーへ



園田 龍矢(関メディベースボール学院から移籍1年目・投手)

――昨年度で関メディベースボール学院を卒業した園田投手。同校は社会人野球登録でしたので、登録上は伯和ビクトリーズへの円満移籍という形で広島県東広島市での新たな生活が始まりました。
 ここではドラフト候補にあがっている最速146キロ左腕・平岡 航投手(鴨沂高~京都学園大卒2年)をはじめ、各方面から多くの刺激をもらっているようですね?

園田  入社した時から平岡が一番いい投手だということは聞いていたましたし、いろいろと教えてもらいました。また、川野 友耀コーチとは自分から会話を増やしていくことで、靴紐を結ぶ時から後ろ体重を意識して結ぶことなど勉強になることが多くありました。これを心がけることで実際に球速も上がりましたし、制球力もよくなったんです。今取り組んでいることは正解だと思いました。

―― 結果、6月の都市対抗中国地区予選では150キロの大台に乗り、JFE西日本の補強選手として都市対抗初登板も果たしました。

園田  150キロが出たのは光シーガルズ戦の9回です。また。JFE西日本では河野(竜生)からはカーブ、中川(一斗)からはチェンジアップの考え方を学びましたし、川﨑 正昭コーチからは自分の意見を尊重しつつ、違った投球の視点を教えてもらって球質も低めへ伸びるようになりました。 都市対抗では結果はよくなかったですが、満塁になってからしっかり振れるようになったことはよかったと思います。その反面、まだ自分に足りない部分や上げなくてはいけない部分も感じました。

――その経験を受けて、今後目指したい投手像はありますか?

園田  もしプロに進めば恐らくリリーフだと思うので、周りからも評価して頂いているしっかり腕を振るスタイルはそのままに、トヨタ自動車の佐竹 功年さんのような腕が身体から離れないような投手を目指したい。チームを勝たせる投手になりたいです。

(取材=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

園田 龍矢(伯和ビクトリーズ)
園田 龍矢(そのだ・たつや)
  • 伯和ビクトリーズ
  • ポジション:投手
  • タイプ:左投・左打
  • 身長体重:174cm83kg
  •  
【関連記事】
第283回 スラッガー、守備職人、好捕手ズラリ。2021年ドラフト注目野手リスト33名【ドラフト特集コラム】
第280回 今年も関西地区に好投手が続出!2021年度注目の高校生投手リスト21名【西日本編】【ドラフト特集コラム】
第280回 北海道の速球王など2021年度注目の高校生投手リスト32名【東日本編】【ドラフト特集コラム】
第280回 「森木世代」はスラッガー揃い。清宮弟、前川、吉野、有薗など10人の全国レベルのスラッガーたち【ドラフト特集コラム】
第280回 2021年は「森木世代」。森木大智を含めた150キロ右腕5名、さらに150キロ左腕、191センチ左腕と世代をけん引する10人の投手たち【ドラフト特集コラム】
第1271回 指揮官も絶賛する高校通算32本塁打・土井翔太(郡山)が近畿大会で得た経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1100回 東都三部に潜む153キロ右腕・近久輝(東農大)の成長の原点は高校時代のコーチがあったから【後編】 【2020年インタビュー】
第1099回 藤嶋の陰に隠れて、プロ注目の153キロ右腕となった近久輝(東農大)。劣等感を抱えていた東邦時代【前編】 【2020年インタビュー】
第1271回 奈良にいた強肩強打の逸材!通算32本塁打・土井翔太(郡山)の土台は中学時代にあった!【前編】 【2020年インタビュー】
第1270回 木製バットでも長打は健在!高校通算50本塁打のスラッガー・井上朋也(花咲徳栄)が目指すは「3割、30本塁打のスラッガー」 【2020年インタビュー】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー