第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】2019年10月17日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]春の敗戦から打撃の対応力をチーム全体で高める練習を徹底
[2]センバツの凡退の経験を生かし、奥川から本塁打

 今夏の甲子園で悲願の初優勝を成し遂げた履正社。強力打線を誇ったチームの中で3本塁打を放ち、全国制覇に大きく貢献したのが4番に座る井上 広大だ。身長187㎝、体重97㎏と恵まれた体格の持ち主だが、ホームランを打てる秘訣はそれだけではない。高校3年間での成長やセンバツの負けから磨いてきた対応力について話を聞いた。

前編はこちらから!
大阪桐蔭、星稜、初の全国制覇まで何度も高い壁に跳ね返され、自分の無力さを知った【前編】

春の敗戦から打撃の対応力をチーム全体で高める練習を徹底



甲子園で本塁打を放った井上広大 ※写真=共同通信社

 しかし、春の大阪大会では準々決勝で好投手・上田 大河を擁する大阪商業大高に2対3で敗戦。府内のチームに敗れたことで、「このままじゃだめだという気持ちになりました」とより気が引き締まった。

 春から夏にかけて履正社が課題として取り組んできたのは打撃の対応力だ。後にこれが夏の甲子園で発揮されることになるのだが、井上に対応力を上げるために個人、チームで取り組んできたことを教えてもらった。
「自分が取り組んだことは、どんなボールでも前で捉えようとしていたのを、体の中で捉えることによって、ボールを見る時間が長くなりました。チームでは追い込まれてからの時間を長くするために、低めの変化球もワンバウンドを振らないことを徹底してきました」

 ボールをよく見て、相手が振らせたい球をキッチリと見逃す。こうして打撃の対応力を磨き、夏の大阪大会を優勝。「大阪大会では苦しい試合も何試合かあったんですけど、その試合に関しても狙い球を決めて振れていたので、大会を通して悪い流れは感じなかったです」と大会を通して納得の試合運びをすることができ、春夏連続の甲子園出場を決めた。

 甲子園の1回戦ではドラフト候補の鈴木 寛人を擁する霞ヶ浦と対戦した。この試合で桃谷 惟吹が先頭打者本塁打を放ったが、「桃谷の先頭打者ホームランから始まったと思っています」とあの1本が大会のターニングポイントだと感じていたようだ。これでチームが勢いに乗り、井上も第1打席で本塁打を放っている。
「ストレートで押してくる投手とは聞いていて、打席に入ったときは思った以上のキレはありました。詰まっていたので、入るかわからなかったんですけど、夏場にいつもはしないウエイトを今年はするようになって、パワーがついていたので、入ったと思います」

 昨年までは夏場にウエイトトレーニングをしなくなり、筋力が落ちることがあったが、今年は継続していたことで筋力がキープされていたという。この試合ではチーム全体では5本塁打を放ったが、その成果が表れたということなのだろう。

【次のページ】 センバツの凡退の経験を生かし、奥川から本塁打

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

木下元秀(敦賀気比)
井上 広大(いのうえ・こうた)
  • 履正社
  • ポジション:外野手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:187センチ97キロ
  •  
【関連記事】
第280回 「森木世代」はスラッガー揃い。清宮弟、前川、吉野、有薗など10人の全国レベルのスラッガーたち【ドラフト特集コラム】
第280回 2021年は「森木世代」。森木大智を含めた150キロ右腕5名、さらに150キロ左腕、191センチ左腕と世代をけん引する10人の投手たち【ドラフト特集コラム】
第1271回 指揮官も絶賛する高校通算32本塁打・土井翔太(郡山)が近畿大会で得た経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1100回 東都三部に潜む153キロ右腕・近久輝(東農大)の成長の原点は高校時代のコーチがあったから【後編】 【2020年インタビュー】
第1099回 藤嶋の陰に隠れて、プロ注目の153キロ右腕となった近久輝(東農大)。劣等感を抱えていた東邦時代【前編】 【2020年インタビュー】
第280回 今年の独立リーグのドラフト候補は過去最強の顔ぶれ。四国、BCともに人材豊富。【ドラフト特集コラム】
第12回 【12球団ドラフト指名予想】オリックスには何が足りない?小関氏がチーム事情を分析【プロ12球団ドラフト分析2020】
第11回 【12球団ドラフト指名予想】小関氏も1位に伊藤 大海(苫小牧駒沢大)の名を!日本ハムの1位指名を大胆予想!【プロ12球団ドラフト分析2020】
第1271回 奈良にいた強肩強打の逸材!通算32本塁打・土井翔太(郡山)の土台は中学時代にあった!【前編】 【2020年インタビュー】
第1270回 木製バットでも長打は健在!高校通算50本塁打のスラッガー・井上朋也(花咲徳栄)が目指すは「3割、30本塁打のスラッガー」 【2020年インタビュー】
履正社vs作新学院【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
履正社vs明石商【第101回全国高等学校野球選手権大会】
履正社vs霞ヶ浦【第101回全国高等学校野球選手権大会】
井上 広大(履正社) 【選手名鑑】
履正社 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー