第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】2019年10月17日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]春の敗戦から打撃の対応力をチーム全体で高める練習を徹底
[2]センバツの凡退の経験を生かし、奥川から本塁打

センバツの凡退の経験を生かし、奥川から本塁打



笑顔を見せる井上広大

 3回戦では高岡商荒井 大地から本塁打を放っている。横手投げの技巧派に対して、第1打席、第2打席と三振した後に死球を挟んで、第4打席で低めの変化球を左中間スタンドに叩き込んだ。この打席でも高めてきた対応力が発揮された。
「緩いボールに対して1、2打席目と強振していたので、3打席目からはしっかりとミートを意識して振るようにしていました。1、2打席目で打ち取られたボールを4打席目で捉える対応力を見せられたと思います」

 そして、決勝の星稜戦では奥川と対決。第1打席ではスライダーで見逃し三振に倒れたが、その後の第2打席で初球のスライダーをバックスクリーンに放り込む逆転3ランを打っている。この本塁打も相手を冷静に分析していたことで生まれた結果だった。
「センバツの時に抑えたボールで次の打席に入ってくると感じたので、それを信じてみて打席に入った感じです。先制点を取られて1回も2回もランナーを出して点が取れない状況だったので、そこで何とか援護点を与えられたのは良かったと思います」

 センバツで敗れた経験が見事に活かされた。井上の発言を聞いてみても、力だけでなく、相手の配球を読んで対応した結果が本塁打になったことが伺える。春に奥川から完全に抑え込まれてから対応力を磨いてきたことが、甲子園での3本塁打、チームの全国制覇に繋がった。

 プロ志望届を提出し、17日のドラフト会議での指名を待つ。甲子園で優勝した後も特に浮ついた様子はなく、野球に集中して取り組めているようだ。そんな井上にプロで目指す選手像について聞いてみた。
「盗塁ができれば山田哲人選手(ヤクルト)のようにトリプルスリーを目指したいというのがあるんですけど、自分はどちらかというと長打で点を取るタイプなので、岡本和真選手(巨人)みたいな選手になりたいです。ホームランは1年間で最低でも40本は打ちたいです」

 甲子園で大観衆を魅了する打撃を披露した井上。プロの世界でも野球の華であるホームランで輝く選手になることを期待したい。

(取材=馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

木下元秀(敦賀気比)
井上 広大(いのうえ・こうた)
  • 履正社
  • ポジション:外野手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:187センチ97キロ
  •  
【関連記事】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第266回 村上宗隆を獲得できていれば巨人の未来はどうなった?巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが2017年ドラフトを振り返る【ドラフト特集コラム】
第113回 待ってろNPB!指名漏れからリスタートを誓う17名の逸材たち【高校野球コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第1071回 夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】 【2019年インタビュー】
第1056回 投手復帰2年目で叩き出した「左腕150キロ」園田 龍矢(伯和ビクトリーズ・投手) 【2019年インタビュー】
第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】 【2019年インタビュー】
第1064回 韮澤雄也(花咲徳栄)が初の国際舞台でも活躍できたのは、徹底的な自己管理にあった【後編】 【2019年インタビュー】
履正社vs作新学院【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
履正社vs明石商【第101回全国高等学校野球選手権大会】
履正社vs霞ヶ浦【第101回全国高等学校野球選手権大会】
井上 広大(履正社) 【選手名鑑】
履正社 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー