第1058回 井上広大(履正社)が最強の4番打者になるまで。奥川と対戦して自分の無力さを知った【前編】2019年10月16日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]プロレベルの打撃に驚愕した入学当初
[2]センバツでの敗戦で自分の力の無さを悟った

 今夏の甲子園で悲願の初優勝を成し遂げた履正社。強力打線を誇ったチームの中で3本塁打を放ち、全国制覇に大きく貢献したのが4番に座る井上 広大だ。身長187㎝、体重97㎏と恵まれた体格の持ち主だが、ホームランを打てる秘訣はそれだけではない。高校3年間での成長やセンバツの負けから磨いてきた対応力について話を聞いた。

プロレベルの打撃に驚愕した入学当初



インタビューに答える井上広大

 子どもの頃から他の同級生と比べて背が高かったという井上。小学2年生の冬に習っていた柔道場の先輩に誘われてソフトボールの体験練習に参加したのが、野球に出会うきっかけだった。そこで初めてバットを握った井上はいきなりホームランを放ち、楽しさに目覚めたのだという。

 中学では東大阪シニアに入団し、野球に転向。ボールの違いにも戸惑うことはなく、1年生から上級生に混じって試合に出場していた。チームの先輩が履正社に進んでいたこともあり、チームの代表に「履正社で甲子園に行きたい」と自らの意思を伝えた。そこで代表が岡田龍生監督に話を持ち掛けてくれたこともあり、履正社に進学することが決まった。

 井上が履正社に入学した時には、後にドラフト1位でロッテに進むことになる安田 尚憲が2学年上にいた。長打力には自信のあった井上だが、安田の打撃を見て驚いたという。
「自分の引っ張った打球が安田さんの流した打球と同じ距離だったのを見て、これがプロに行く人のバッティングなんだなと感じました。高校に入って安田さんみたいに逆方向に飛ばしたり、バッティングの技術が高くなるのかなという不安はありました」

 安田と同じ組で打撃練習を行うことが多かった井上は、ゲージの後ろから打席内での動きや始動のタイミングなどを見て、どん欲に学ぼうとしてきた。その中でも参考になったのは積極性だ。
「試合でも消極的にならず、ファーストストライクから積極的に振っていく姿が印象深いので、そういった面は自分も真似しないといけないと感じました」

 プロレベルの打撃を目の当たりにしながらも、井上自身も自慢の打力をアピールして、1年夏にベンチ入りを勝ち取った。だが、2年夏までは大阪桐蔭の高い壁に跳ね返されてきた。特に2年夏は1点リードの9回二死から逆転負け。6番レフトでスタメン出場し、試合途中でベンチに下がっていた井上はこの試合をこう振り返る。
「あと1アウトで勝てると思った時点で、大阪桐蔭の最後まであきらめない気持ちに負けたのかなと思います。ベンチでもあとアウト1つで勝てるという声が出ていたので、それに対して、大阪桐蔭の何としてもという気持ちが勝ったと思います」

【次のページ】 センバツでの敗戦で自分の力の無さを悟った

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

プロフィール

木下元秀(敦賀気比)
井上 広大(いのうえ・こうた)
  • 履正社
  • ポジション:外野手
  • タイプ:右投右打
  • 身長体重:187センチ97キロ
  •  
【関連記事】
第278回 1998年世代の大学生投手は「松坂世代」「1988年世代」に匹敵する大豊作!世代を牽引する10名と大学再入学の剛速球右腕を紹介【ドラフト特集コラム】
第5回 【12球団ドラフト指名予想】中日は地元路線だと中京大中京の高橋宏斗がトヨタ自動車の栗林良吏が有力?【プロ12球団ドラフト分析2020】
第3回 【12球団ドラフト指名予想】鍛えて伸ばす広島スタイルにふさわしい選手は?【プロ12球団ドラフト分析2020】
第277回 今年の外野手は来田涼斗、西川僚祐など大型外野手揃い!大化けする可能性を秘めた外野手18名リスト!【ドラフト特集コラム】
第3回 【12球団ドラフト指名予想】独自路線を貫くDeNAの上位指名には高卒選手が必須?【プロ12球団ドラフト分析2020】
第1256回 今年の超強肩捕手・二俣翔一のスローイングはまさに「投手」。目指すは走れる強肩強打の捕手 【2020年インタビュー】
第1254回 入学から20キロ以上スピードアップした153キロ右腕・加藤翼(帝京大可児)が覚醒した理由【後編】 【2020年インタビュー】
第1253回 「プロは無理だと思っていた」建築家志望の中学生が153キロ右腕になるまで。加藤翼(帝京大可児)【前編】 【2020年インタビュー】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第1071回 夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】 【2019年インタビュー】
履正社vs作新学院【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
履正社vs明石商【第101回全国高等学校野球選手権大会】
履正社vs霞ヶ浦【第101回全国高等学校野球選手権大会】
井上 広大(履正社) 【選手名鑑】
履正社 【高校別データ】
インタビュートップに戻る サイトトップに戻る

インタビュー